炊飯器で作る、ガトーショコラ

カテゴリー:チョコレートケーキガトーショコラ

 

小麦粉を使わない、ふわふわしっとりチョコケーキ

本日の炊飯器ケーキは、小麦粉を一切使わず、板チョコと卵だけで作るチョコレートケーキ(ガトーショコラ)です。シフォンケーキよりしっとりしていて泡のようで、口に含むとふんわりとろけてしまいます。2つの炊飯器を使って何度か作り比べた結果、内釜にくっつきやすい3合炊飯器で作った方が5合炊飯器で作るより、質の良いケーキになるようです。が、どうしてもくっついてしまうので、ちょっとした工夫を施しました。見た目も美しく焼き上がりましたのでご覧下さい。

▼炊飯器料理を楽しむ前に
炊飯器料理の注意点はこちら


炊飯器でガトーショコラの材料(5合、3合炊飯器用

ガトーショコラの材料
チョコレート 板チョコ3枚 (180g) ミルクチョコ使用
Lサイズ3個 (室温)
サラダ油 少々 (内釜用)
普通にスーパーで売られている板チョコを使いました。

炊飯器でガトーショコラの作り方・手順

ガトーショコラの作り方

1:

チョコレートを小さく割り、湯煎で溶かして湯煎を外し、ツヤが出るまでよく混ぜる。 包丁で細かく削れば溶けやすい。

2:

内釜にサラダ油をぬり、丸く切り取ったオーブンペーパーを底に敷いておく。

3:

卵を黄身と白身に分け、黄身とチョコレートをよく混ぜる。 ポッテリした感じになっても大丈夫。

4:

卵白を角が立つまでしっかり泡立てる。(卵白は手動でも簡単に泡立ちます。ハンドミキサーなら2分程度。)

5:

メレンゲの一部をチョコ生地に混ぜて少し柔らかくする。

6:

残りのメレンゲを加え、ゴムベラで底をすくい上げながら切るようにやさしく混ぜる。

7:

内釜のオーブンシートの上に生地を流し入れ、普通コースかケーキコースで炊く。

8:

スイッチが切れたので中を確認。生地が見るからに水っぽいので、もう一度炊飯スイッチを押す。

9:

次にスイッチが切れ、指でそっと触れてみたら、弾力があったので焼き上がり。 このケーキは、試し串をすると、焼けてても串に生地がついてくるので、目と手で触れた感じで判断する。焼き過ぎよりは、少し焼き足りないくらいの方がしっとりおいしい。全部、生でも食べられる材料なので。

10:

内釜を取り出して1~2分置き、釜を傾けてみて、釜肌と生地の間に隙間ができたところで逆さに取り出す。

11:

オーブンシートをそっとはがす。

12:完成!

完成!
このままでも、top画像のように、粉糖(分量外)をふりかけて仕上げても良い。

13:

オーブンペーパーを敷かずに作って、くっついてしまった時の盛り付け例。オーブンペーパーを使わずに炊いて、くっついてしまったケーキをスプーンですくい取って、アイスクリームと盛り合わせました。

ガイドのワンポイントアドバイス

使用したのは、ナショナル電子ジャー炊飯器 SR-CJ05 (3合炊き) です。5合炊飯器でも同じ分量で作ります。「うちの3合炊飯器はパワーが足りなそう」と思ったら、卵2個、板チョコ2枚(120g)で作ってみてください。※板チョコは180~200gであれば、多少の増減は気にしなくて大丈夫です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。