鍋料理
簡単でヘルシーな一人鍋。オリジナルアレンジも楽しめる一人暮らしにぴったりの料理です。
自炊をしない一人暮らしさんに簡単で健康的、しかも時間もお金も節約できる自炊生活をおすすめしているシリーズ『一人暮らしの自炊のススメ』。これまではスープ料理を取り上げてきましたが、冬場は心も身体も芯から温まる一人鍋がおすすめです。

今回は一人鍋のメリットや楽しさ、また普段自炊をしない人でも食材を余らせずに作れる節約&簡単レシピも紹介します。

また、一人鍋に持っておきたい土鍋の楽しさを紹介したガイド記事『ひとりで。みんなで。美味しい楽しい土鍋』もぜひ併せてご覧ください。

=INDEX=
■ 冷蔵庫の残り物を一気に鍋へ放り込め!
■ 今夜の鍋の〆は何にする?
■ 節約&簡単一人鍋・もやし鍋
■ 「一人鍋って空しくない?」って思う人に…


冷蔵庫の残り物を一気に鍋へ放り込め!

野菜
一人分の料理を作ると、買ってきた食材が中途半端に余りがち。冷蔵庫の整理も兼ねて、一人鍋の材料にしてみてはいかがでしょう。
「毎日忙しくて料理をする時間がなかなか取れない」という人、「料理が下手だから作りたくない」という人にとって、冬には強い味方があります。それは鍋料理。一人鍋こそ、一人暮らしの自炊の強い味方になってくれます。

そりゃあ、鍋だって手をかければ、時間も手間もかかりますし、腕も必要です。でも、ここで紹介したいのは、誰もが美味しく作れる簡単一人鍋。とにかく冷蔵庫に余っている食材をざくざく適当に刻んで、鍋にぽんぽん放り込んで火にかける。すべての食材に火が通ったら、ポン酢につけて、食べるだけ。どんな料理下手さんも、これならできそうだと思いませんか。

一人暮らしで中途半端に余りがちな食材を片付けられる上に、一度にたくさんの食材が摂れるので、美容や健康にも効果的。野菜も煮込むとクタクタになって、たくさん食べられるので、日ごろから野菜不足を感じている人には特におすすめです。


今夜の鍋の〆は何にする?

うどん
「鍋の最後の雑炊だけ食べたい」なんて声が聞かれるほど、食材の旨みがたっぷり出た〆は最高です。
鍋の楽しみは、なんといっても〆です。鍋を終えたあと、野菜や肉、魚など、様々な食材から旨みがたっぷり出ただし汁で作った雑炊や麺は、まるで時間をかけて作った料理のように絶品。お腹もしっかり満たされます。

ご飯やうどんは定番ですが、中華麺(ラーメン)やそば、そうめん、パスタを入れてみるというのも意外といけます。溶き卵を加えたり、ねぎ・のり・鰹節・ゴマなどを薬味とすると風味が変わりますし、最後のだしを少なめにして、チャーハン風、焼きそば風にするのもおすすめ。

ちなみに、私の一人鍋の定番は、その日の夜はうどんなど麺類を加えて食べ、そのまま汁を残しておいて、翌朝さらに雑炊にします。鍋の美味しいだしを捨てるのは、本当にモッタイナイ。その上、簡単にもう一食分用意できるのは、忙しい朝にも嬉しいはずです。


次のページでは、冬のひとりご飯にぴったりな節約一人鍋レシピを紹介します。懐が寒いときも、こんな鍋であったかに!>>次のページへ