夏
夏到来。お風呂で夏バテ知らずの身体を作ろう。
暑い夏。湯船に入るとますます暑くなるだけだから、シャワーだけ…という人も多いかもしれませんが、それはモッタイナイ。夏のお風呂を満喫してこそ、快適で健康、気持ちのいい毎日が待っています。

せっかくなら、お風呂で過ごすひとり時間をもっとリラックス、もっと優雅なものに。身近にあるものを使ったお手軽入浴剤から、夏には欠かせない風呂上りの一杯まで、とっておきの入浴法をお届けします。

=INDEX=
 ■ 一日中冷房の効いた部屋で過ごしていると…
 ■ 夏バテ解消! 暑い夏こそ、お風呂に入ろう
 ■ 夏に効く! 家にあるモノで変り種お風呂
 ■ 身近でお手軽な入浴剤あれこれ
 ■ お風呂上りの一杯にはコレで「ぷはぁ~」


一日中冷房の効いた部屋で過ごしていると…

夏バテ
どこがどう悪いというわけではないけど、何だかダルイ…。冷房病になっていませんか。
本来人間は、暑いときに汗をかき、体内の熱を放出して、体温調節を行うもの。でも、一日中冷房の効いた部屋にいて冷たい飲み物ばかり飲んでいたり、炎天下と冷房の部屋を頻繁に出入りしたりして、その機能をきちんと使わずにいると、調整を行うはずの自律神経が乱れ、疲れやすさやだるさ、食欲不振や不眠といった、いわゆる“夏バテ”の症状につながります。

「そんなことはわかってる。でも、仕事上どうしても一日中冷房のギンギンに効いた場所にいなくちゃならないの…」という人も少なくないはず。そんなときに、ぜひ使いたいのがお風呂です。

夏バテ解消! 暑い夏こそ、お風呂に入ろう

風呂
お風呂に入ることで、体の機能が整えられます。
湯船にゆっくり浸かって芯から温まると、身体と心がリラックスでき、食欲を取り戻したり、深い睡眠を得ることができます。

入浴前にコップ一杯の水を飲んでから、38~40度程度のぬるめのお湯に20分以上、半身浴をするのがおすすめ。10分もすると、汗だくに。これを続けていくうちに、だんだんと汗をかく速さや量が増え、また汗自体もさらさらしたものになってくるはずです。汗をかくのは気持ち悪いと感じるかもしれませんが、身体にとって必要なこと。普段あまり汗をかかない生活をしていると、汗腺が衰え、汗をかきにくい体質になり、代謝が落ちて太りやすく、体臭の原因になることもあります。

夏をパワフルに満喫したいなら、お風呂で元気をチャージ。さらに次のページでは、夏に効く入浴剤をご紹介します。