二番だしの材料

水 1リットル
一番だしで残った昆布とかつお節
かつお節 10g


取り方

昆布とかつお節を煮る
1. 水に残った昆布とかつお節を入れ、火にかけます。

かつお節を加える
2. 10分ほど煮たら、かつお節を加え、火を止めます。

漉す
3. かつお節が沈んできたら、ざるにキッチンペーパーやきれいなふきんなどを敷き、漉します。


● どんな料理に使う?
肉じゃが
二番だしで肉じゃが。二番だしにも香りはまだまだ残っています。
旨みの多くは一番だしで出てしまいますが、煮物や味噌汁など、しっかり味をつけるものは二番だしに合います。

だしを取ったあとのかつお節と昆布でふりかけを作る

ふりかけ
だしを取ったあとのかつお節と昆布、これをこのまま捨ててしまうのはモッタイナイです。乾燥させて、味を整えれば、ご飯にぴったりのふりかけになります。

材料

だしを取ったあとの昆布とかつお節
ごま 10g
しょう油 大さじ2
みりん 大さじ2
ごま油 少々
※ お好みでじゃこや唐辛子、たらこなどを加えても美味しいです。


作り方

昆布とかつおを刻む
1. 昆布とかつお節は細かく刻みます。

炒める
2. フライパンで水分が飛ぶまで乾煎りし、白ごま、しょう油、みりんを加え、パラパラになるまで炒めます。最後にごま油を一垂らししたら、できあがり。



昆布とかつお節でだしを取ると、部屋中が本当に美味しそうな香りになります。丁寧に取っただしで作った料理は、これまた格別。文字では伝えられないのがとても残念。ぜひ一度ご自身でこの香りを堪能してみてくださいね。

[関連記事]
蒸し方の基本と応用 茶碗蒸しの作り方
だしの美味しさが決め手になる茶碗蒸し。蒸し器を使わない電子レンジでの作り方もあるので、一人暮らしにも簡単です。

だしが効いてる ふっくらだし巻き卵

だし巻きと言うだけあって、だしが決め手。焼き麩を使うことで、ふわふわのだし巻き卵を作ります。

お餅まるごと鴨と野菜の雑煮

一年の初めに食べるお雑煮には、丁寧に取った一番だしを使いたい。鴨と野菜のヘルシーなお雑煮です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。