ポトフ

ポンポン放り込んで、コトコト煮込むだけ

ポトフ
ドイツのブランド・Berndes (バーンデス)のフライパンを使いました。詳しい商品の説明は、「W杯開催!ドイツづくしのおうちでデート」にあります。
サッカーワールドカップの開催国はドイツ。現地まで応援に行くのは難しくても、気分だけでも味わうために、ドイツと言えば必ず挙げられるじゃがいもとソーセージを使った料理を作ってみませんか。

ポトフは、元々フランスの家庭料理のひとつですが、ドイツ料理でもアイントプフと呼ばれてよく作られます。お好みの野菜を放り込んで、あとはコトコト煮込むだけ。野菜やソーセージから旨みがたっぷり出てきますので、難しい味付け要らず。誰でも簡単に作ることができますよ。一人暮らしに不足しがちな野菜もたっぷり食べることができます。

忙しい仕事帰りにも、ホームパーティやおうちでデートのおもてなしにもおすすめの一品です。

材料(二人分)

・ じゃがいも 1個
・ 玉ねぎ 1個
・ にんじん 1本
・ キャベツ 1/4個
・ かぶ 2個
・ ソーセージ 4本
・ 固形コンソメの素 1個
・ 塩こしょう 少々
・ (あれば)ローリエの葉 1枚

作り方

ポトフ
切って、並べて、コトコト煮込むだけ。お好みの野菜を入れても美味しいですよ。
1. じゃがいもは皮を剥いて1/4に、玉ねぎは皮を剥いて1/2に、にんじんは縦に1/4に、キャベツは芯をつけたまま、1/4~1/2に切ります。

2. セロリはスジを取って、5センチ程度の長さに切ります。葉の部分も取っておいて、香草として一緒に煮ると香りが良くなります。かぶは皮を剥いて、1/2に切ります。(丁寧にするならば、野菜は面取りをしておくと、煮崩れをしにくくなります)

3. フライパン(もしくは鍋)に野菜とソーセージを入れ、ひたひたになるまで水を入れ、コンソメを加えて火にかけます。

4. 沸騰したら中火にして、15~20分煮込み、野菜に火を通します。塩こしょうで味を整えたら(コンソメやソーセージに塩分などがあるため、要らないこともありますので、必ず味見をして)、できあがり。



ソーセージを使うと煮込み時間が少なくて済みますが、牛肉や豚肉の塊を柔らかくなるまで、たっぷりと時間をかけて煮込むと、さらに本格的な味になります。作り方は以下の関連サイトの中でも紹介されていますので、ぜひ参考にしてください。

ガイド記事「W杯開催!ドイツづくしのおうちでデート」では、ポトフを中心にドイツ尽くしのテーブルコーディネートを紹介しています。こちらも併せてご覧くださいね。

今後の記事の更新情報については、メールマガジンでもお伝えします。ご購読を希望される方はこちらからご登録ください。

== 関連サイト ==
All About[お酒にぴったりおつまみ]塩漬け豚のポトフ煮 ハーブソース添え
豚のブロック肉をポトフ風にたっぷりの野菜と煮込んで、仕上げにブランデーでフランベ。野菜の旨味がしみ込んだ豚肉に、上品な甘い香りが加わってワンランク上の味わいに仕上がるレシピです。
All About[おかずレシピ]カラダをぐんとあっためる。豚ロース肉と根菜のポトフ
豚肉を下ゆでして余分な脂をしっかり落とし、それからコトコト根菜と煮込だ、食物繊維たっぷりのヘルシーポトフ。シンプルな味付けで素材のおいしさ満喫です。
All About[ワイン]煮込むだけのあつあつポトフをワインと。
フランス式の鍋煮込みがポトフ。時間がかかるイメージがありますが、材料を切って鍋で煮るだけです。何かつまみながらワインを飲んでいても、2時間経ったらあとはあったか煮込みが待っていますよ。
All About[男の料理]ダッチ・オーブンで丸鶏のポトフ
豪快なアウトドアレシピ。普通に作る鶏の丸煮の何倍も美味。肉は、ほろほろとして柔らかく、鶏の旨みはすべてジューシーな肉の中に閉じ込められ、とろりとしたスープはコラーゲンがたっぷりです。
All About[フレンチ]寒い日はポトフで心も体もほっと一息 エシャロット(落合南長崎)
ポトフは元々フランスの家庭料理。日常的フランス食堂・絵シャロットでほっと温まる味に出会ってみませんか。




『一人暮らしの楽しみ方』のガイド記事で取り上げてほしいテーマを募集しています! 疑問・質問、興味関心のあることなど、どしどしこちらにお寄せください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。