トイレの水が止まらないときは…

ロータンクの仕組み

ロータンクの仕組み

■まず応急処置!
止水栓を閉めてください。タンク内が空になったところで、とりあえず水は止まります。

■原因1:ゴムフロートにゴミがはさまっている・はずれている・劣化している
ゴムフロートにゴミがはさまったり、はずれてしまったり、ゴムフロートそのものが劣化してしまうと、水が流れっぱなしになり、止まらなくなることがあります。ゴムが傷んでていたら、交換してください。交換用の部品はホームセンターなどで購入することができます。

■原因2:浮き球がはずれている・水が溜まっている
浮き球がはずれると、水が止まらなくなります。中に水が溜まってしまったときは、交換が必要です。交換用の部品はホームセンターなどで購入することができます。

■原因3:ボールタップが汚れている・パッキンが傷んでいる
ボールタップにゴミや水あかが付着している場合は、取り除きます。ボールタップのパッキンが傷んでしまっているときは、交換が必要です。部品はホームセンターなどで購入することができます。

トイレが詰まってしまったときは…

■原因:トイレットペーパーやそれ以外のものが詰まっている
ラバーカップで排水溝に空気が入らないように覆い、何度か引き上げれば、詰まりが直り、排水されるようになります。ラバーカップでは引き上げられないような固いものの場合は、ゴム手袋を使って、手で引き出してください。一人暮らしでラバーカップを常時用意しておく必要はないと思いますが、ホームセンターなどで購入することができます。

自分で直せない故障はどうしたらいいの?

トイレ掃除

故障などのトラブルを避けるためにも、定期的な掃除をお忘れなく

これまでご紹介してきた方法で大半のトラブルは対応できると思いますが、それでも直せないような故障の場合はどうしたらいいでしょうか。

まずは、賃貸契約書をチェック。設備が故障した場合の連絡先が書かれていることがあります。もし何も記載がなければ、大家さん、もしくは管理会社に連絡してください。緊急を要することもあるかもしれませんが、勝手に業者と連絡を取り、直してしまった場合は、費用を自分で負担しなければならないこともあります。

なお、費用については、通常の使用において故障した場合、基本的に家主(大家さん)の負担です。ただし、掃除が行き届いていないことによる詰まりや、「ペットボトルをタンク内に入れておく」といったような独自の節約術を行ったことによる故障など、汚損や故意による故障は自己負担です。自分の部屋といえども、借りているもの。その後また他の人が住むことを考えて、丁寧に使うよう心がけてください。

==================

私もかつてトイレの水が流れなくなって困ったことがあります。それまで一度も開けたことがなかったタンクの中、しばらくどうしたものやら頭を悩ませましたが、調べてみた結果レバーの鎖がはずれていることが原因でした。

仕組みや構造がわかっていると、いざというときでも焦らずに対応できるもの。この記事を読み終えたら、一度ご自分でタンクの中をのぞいてみてくださいね!

== 関連サイト ==
All About[掃除]トイレ掃除の仕方
トイレの汚れやニオイの原因とともに、掃除の方法を解説しています。

All About[時短生活]節約手間なし、ピカピカ朝1分のトイレ掃除
出勤前の朝1分でできるトイレ掃除のコツを紹介しています。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。