引越作業の意外な落とし穴にご注意!

■荷作り中は思い出にひたらない!
アルバム

懐かしいアルバムや手帳を見つけて読みふけってしまい、荷造りが間に合わない!…なんてことのないように

荷作りを始めると、出てくるのがアルバムや手帳、古い雑誌などの懐かしい品々。ついうっかり「あー、そうそう、これは○○に旅行したときの…」などと思い出にひたりはじめると、あっという間に半日くらい経過してしまいます。あとから慌てることのないように思い出には目をつぶって、荷造りに専念してください。

■二度目以降の引越の方が大変!
初めて一人暮らしをスタートするときの引越よりも、一人暮らしの部屋から別のところへ引っ越すときの方が大変でした。最初は持っていなかった荷物が増えていることもあり、また各種手続も退去と入居どちらも同時に行わなければなりません。最初と同じように考えていると、思いの外時間を食ってしまうこともあります。とにかく準備は早めにすることをおすすめします。

■本棚の裏から○年分の埃が出てくる!
掃除

家具や家電の後ろには気づかないうちに汚れが溜まっていることがあります。新居に汚れごと運ばないよう気をつけて

普段からきちんと掃除をしていたつもりでも、何年も暮らしていた部屋は思った以上に汚れています。本棚やクローゼットの裏、照明のカバー、ベッドの下、冷蔵庫の中など、事前に掃除も済ませておくのがおすすめです。せっかくの新居に汚いままの荷物を運ぶのは、ちょっと残念ですよね。

 
==================

荷造りができたら、いよいよ引越本番です。『引越前日・当日の準備と流れ』では、どのような流れで引越作業を進めたらいいのか、まとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

== 関連サイト ==

All About[一人暮らし]一人暮らしの始め方
部屋探しや引越、生活必需品の選び方など、初めての一人暮らしの部屋探しに役立つガイド記事を集めました。

All About[引越し]
「引越し費用をできるだけ抑えたい」「安心できる業者に依頼したい」「引越し一括見積もりサイトはどこを使えばよい?」国内外を含め引越し歴12回のガイドが失敗しない方法を教えます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。