年賀状
年賀状はお世話になっている人へのご挨拶。日頃連絡を取れなくても年賀状なら気持ちを伝える絶好のチャンスです。
年賀状を作成する時期になりました。出す枚数を準備して、あとは住所録の整理、デザイン、宛名印刷と準備万端でのぞみたいもの。しかしガイドはいつも年末ギリギリに。わかっているけれど、つい後回しにしてしまいます。今年こそは……年賀状郵便特別扱い開始の15日に投函したいと思っています。

今回はビジネスにもプライベートにも押さえておきたい基本マナーとコツをご紹介したいと思います。

あいさつ文を使い分ける

相手や関係によって賀詞やあいさつ文などを使い分けることが基本のコツ。

年賀状
 
■上司ら目上の人や取引先、会社関係

「謹んで年頭のご祝詞を申し上げます」
「謹んで年始のご挨拶を申し述べます」
「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」

「新春のお喜びを申し上げます」

「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字賀詞


年賀状
 
■友人、知人、同僚ら親しい人

「あけましておめでとう(ございます)」
「新年おめでとうございます」
「新春のお喜びを申し上げます」
「寿」「福」
「賀春」「賀正」「迎春」
「Happy New Year!」

子供や家族など写真入りの年賀状は、ビジネス相手には出さない方が無難。ビジネス用、家族用と2種類を用意しておくとよいでしょう。ただし、ビジネス関係でも家族ぐるみのお付き合いならOK。日頃、どの程度のお付き合いをしているか判断して出すように。


年賀状
 
■1文字や2文字の賀詞は目上の方にはNG!

「賀正」は「正月を祝う」という意味。簡略化した表現なので改まった相手、特に目上の方には避けたほうが無難です。「寿」「福」「迎春」「賀春」「頌春」なども同じ。


■目上、目下関係なく、もっともポピュラーなもの

「謹賀新年」
「あけましておめでとうございます」
「Happy New Year!」。

【関連リンク】
基本3原則 年賀状、書き方の基本ルール
【基本をおさえる】年賀状NGマナーQ&A
「使える!素材集」

文面NGワードは次のぺージで>>>