年賀状を書くときの基本マナーって?

年賀状の書き方

基本ルールをふまえたうえで、自分らしい年賀状をつくりましょう


今回は、ごく一般的な年賀状の書き方の基本ルールについて解説します。親しい人には、この基本ルールをふまえたうえで、文面やイラストなど自由に作成してもかまいません。かなりユニークな年賀状もいいのですが、ひとりよがりにならないように注意しましょう。

「あけましておめでとうございます」「謹賀新年」などの言葉を「賀詞」といいます。年賀状では、この賀詞を最初に書いて、その後にあいさつやお礼などの謝辞をのべ、そして相手の幸福を祈り、変わらぬ友誼を願うことばを記します。

年賀状の3原則

1. 文面(裏書き)の基本のフォーマットを守る
・新年のお祝いの言葉「賀詞」
・あいさつやお礼などの謝辞
・相手の幸福を祈り、変わらぬ友誼を願うことば
・日付

※元旦と書く場合は、「一月元旦」「一月一日元旦」とは書きません。元旦とは新年の最初の朝という意味ですので、「元旦」と書くだけでいいのです。「平成XX年 元旦」「ニ〇XX年 元旦]とかくのが正しい使い方です。

2. 宛名(表書き)のルールを守る
・縦書きの場合の番地や部屋番号は原則として漢数字を用いる
・宛名には必ず敬称をつける

一般的に、個人宛ては「様」。 社、団体などには「御中」とします。 

組織の個人に宛てる場合は、部署名を右肩に、役職名を名前の上に小さく、個人名に「様」とします。役職名には敬称はつけませんので「○○社長様」とはぜず、「社長 ○○様」とします。

医師、恩師などに宛てる場合は名前に「先生」とつけ「様」は不用。ただし一個人として出す場合は、「様」でもかまいません。 「殿」は年賀状では一般的ではありませんので「様」を用います。

3. すぐに返事をすること
届いてからすぐに返礼を出します。元旦に出す場合は、日付は元旦でもかまいませんが、2日以降の場合は、投稿日の日付とします。年賀状を頂いたお礼、遅れたお詫び、などを書きます。