結婚披露宴でスピーチを頼まれることはよくあることです。二人の素顔をよく知っている友人や知人ならではの心あたたまる内容のスピーチ。また会社の同僚となると職場などでの生き生きとした仕事ぶりなどを披露してあげるとよいでしょうね。

今回は会社の同僚としてのスピーチのポイントを押さえてみました。文例集と共にご参考までに!
スピーチ
主役は、新郎新婦であることを忘れずに、心温まるスピーチを!

スピーチの基本構成


1.はじめのあいさつ

●●君、◎◎さん、ご結婚おめでとうございます。またご両家の皆様、本日はおめでとうございます。
※必ず、はじめに祝福の言葉を。

2.自己紹介
ただいま、ご紹介いただきました○○と申します。新郎の●●君とは同じ職場で働いております。彼は女性社員から大変人気があり、いつもうらやましく思っていました。
※自己紹介は省略されることもあります。

3.新郎(新婦)とのエピソード、また人柄を紹介
※ここはいちばん大切なポイント。暴露話にならないように、ほほえましい話題を。

4.将来への、はなむけの言葉を
将来の新郎と新婦への期待と励ましの言葉、また温かみのあるアドバイスなどを。
※お説教に聞こえないように注意。

5.終わりのあいさつ
スピーチの締めくくり。二人を祝福する言葉を繰り返してもよいでしょう。

・以上をもちましてご挨拶とさせていただきます。末永く幸せな家庭を築いてくださいどうぞお幸せに。
・ふたりで力をあわせ、明るいご家庭を築かれますことを願っております。本日はおめでとうございます。

スピーチのポイント

・自分がどの立場で、他にはどんな人がスピーチするのか確認する
・スピーチの柱を決める
・あれもこれも話そうとしない。

●詳しい内容は、ガイド記事「スピーチを頼まれたら」をどうぞ!

●またスピーチでは忌み言葉にも注意が必要です。忌み言葉については、ガイド記事「忌み言葉に気をつける」を参考にしてください。

披露宴では、友人や同僚のスピーチによって場が盛り上がり、会場が和みます。あくまで主役は、新郎新婦であることを忘れずにスピーチすることです。

次のページは、いよいよスピーチの文例集です。