TOPヘビキングスネーク>ブラックミルクスネーク
ブラックミルクスネーク
撮影協力:どうぶつ共和国WOMA+

ブラックミルクスネーク

学 名Lampropeltis triangulum gaigeae別 名:-英 名:Black Milksnake 分 布:コスタリカからパナマ西部にかけての山地全 長:最大158cm

北米から中米、南米北部に広く分布するトリカラーが美しいミルクスネークLampropeltis triangulum の亜種の一つです。

本亜種は、幼体時は他亜種と同様に黒、赤、白のトリカラー模様で派手で美しい体色をしていますが、成長に連れ黒色部が拡がり、全身が漆黒になる特異な亜種です。ミルクスネーク全般、および本亜種の特徴や生態などは「"アルビノタンジェリン"ホンジュランミルクスネーク」の項をご覧ください。

本亜種の特徴は、もちろん成長すると黒色一色になることですが、幼体時の斑紋パターンはグアテマラミルクスネークやホンジュランミルクスネークに似ていて、吻端部は黒く鼻の辺りに幅の広い白色のバンドが入っています。また胴体の赤いバンド模様は17から22個と比較的多い部類に入ります。

ミルクスネークの仲間は、幼体時の派手な体色が成長に伴って黒化してしまうことが特徴で、それが原因で思ったより人気がないのですが、逆に本種のように中途半端ではなく、思いっきり黒くなってしまう、というのもなかなかおもしろいものです。ただし、比較的流通量は少なく、知られている割には見かける機会が少ない亜種です。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • ミルクスネークの亜種の一つ
  • 成長すると黒一色になる
  • 流通量はあまり多くない
飼育の基本情報
飼育容器フタがしっかりとできるプラケース。高さの低いフラットプラケでも可。大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。
温度特に保温の必要はないが、消化不良をふせぐためフィルムヒーターをケースの下に敷くと良い。繁殖を考えるのならば冬期に12℃程度で2~3ヶ月くらいクーリング。
照明特に必要なし
床材ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良い。水などをこぼした後はすぐに交換する
容器内レイアウト体全体が浸かるような水容器とシェルターを設置する。
大きさに合わせたマウス。冷凍を解凍したものでよい。
基本的な世話いわゆるナミヘビの飼育方法
  • コーンやキングに比較すると神経質なので、ハンドリング等は慎重に行う
  • 脱皮前はそっとしておく
  • シェルターは脱皮の時のとっかかりになるようなザラザラした素材
  • など
※飼育等の基本情報は海外サイトおよび「クリーパー No9. 2001(クリーパー社)」を参考にしました。


<おすすめINDEX>
ヘビのコミュニティサイトfrom All About
ヘビfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているブラックミルクスネークに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。