スレヴィンハリユビヤモリの基本情報

スレヴィンハリユビヤモリの基本情報や飼育方法

撮影協力:Endless Zone

学 名Stenodactylus slevini別 名:スレヴィンボウユビヤモリ英 名:Slevin's Short-fingered Geckko, Slevin's Sand Gecko分 布:サウジアラビア北西部、バーレーン、イラク南部、クウェート、イエメン、アラブ首長国連邦西部全 長:最大12cm

アラビア半島に広く生息する地表性のヤモリです。

本種が属するハリユビヤモリ属Stenodactylus は指に指下薄板が発達せずに、別名のボウユビヤモリからもわかるように、細く小さな指をしている仲間です。西アジアからアフリカ大陸北部に10-11種が知られているようですが、似たような種類が多く、分類も混沌としているのが現状です。

本種に限らず、この仲間は比較的大きな頭部と細い尾を持っていることが多く、目も大きい種類が多いようです。体色は、いわゆる砂の色ですが、本種は他種に比べ透明感が強い印象の体色をしています。また小さなオレンジ色のスポットが入るのも特徴的です。

分布域からもわかるように、乾燥した砂地や荒れ地に生息し、夜間に巣穴から出て、エサとなる小さな虫などを探して活動をします。繁殖生態は知られていませんが、1ないし2個の卵を産むと考えられています。

ハッキリ言って、この手のヤモリに興味を持っているファンというのは、非常に少ないと思われますが、その理由の一つは、なんと言っても正確な種類の同定が難しいことでしょう。ただし、本種はその中でも、透明感のある明るい体色で上品な印象の種類と言えます。

そもそも需要が少ないからというのもありますが、あまり流通しない種類で、どちらかというと珍しく、なかなか見ることができないようです。

過酷な環境に生活している種類ですから、飼育自体は容易であると思われます。

赤っ恥をかかない程度の知識
  • アラビア半島に分布
  • 砂漠に近い環境に生息
  • 指が細く短い
  • 夜行性
  • 似たような種類が多く見分けがつきにくい
 

スレヴィンハリユビヤモリの飼育方法

飼育容器
単独なら30cm程度のプラケースでよい。通気性は確保する

温度
フィルムヒーターでケース下から保温する。低温部と高温部ができるようにする。できればホットスポットを作り昼間は28-33℃程度になるようにする。夜間はこれらの保温を切って昼夜の温度差を作る

照明
爬虫類用の紫外線入り蛍光灯を点けた方がいい。また昼間はホットスポット用のライトを点ける方がいい

床材
穴を掘れるように強く固めた砂を厚めに敷く

容器内レイアウト
個体数以上の数のシェルターが必須。水入れは常設しなくてもよい


コオロギやミールワームなどの昆虫。カルシウム剤などの添加は必須

基本的な世話
いわゆる乾燥系地表性ヤモリの飼育方法
  • 穴を掘ることができるようにする
  • 穴を掘ることができない環境ならば塩ビ管などの筒状のシェルターを設置する
  • 夜間に霧吹きをする
  • カルシウム不足にならないようにする
  • など
※基本的な情報は「爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2(誠文堂新光社)」および海外サイトを参考にしました。

【関連記事】


■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。