しいたけの旬っていつ?

しいたけには春と秋に旬を迎えます。春は3~5月、秋は9~11月が時期になります。秋に収穫できる「初物」は、春に仕込んだしいたけ菌が、秋になって初めて発生したものです。ピンとハリがあり、抜群の香りを味わうことができます。

一般的な農産物は、産地ごとの旬の時期がありますが、しいたけは旬が同時にやってきます。その主要産地は群馬県、北海道、岩手県、徳島県、茨城県、栃木県、福島県です。

しいたけの種類と時期について

しいたけには、原木栽培と菌床栽培があります。原木栽培は、くぬぎやしいの木にしいたけ菌を植え込んで作る方法で、厚みのある濃い味を楽しむことができます。菌床栽培は、おがくずに米ぬかを混ぜて固めた培地に植える方法で、原木栽培のものと比べると少々水っぽいですが、安定的に生産できます。

しいたけ
丸いかさはおまんじゅうのようです。
しいたけ: 直径4~10cmの丸々としたかさを持っています。風味、厚さ、香りは、原木栽培のものの方が強いです。原木栽培しいたけは、年々生産量が減っているので、大変貴重と言えるでしょう。


干ししいたけ
左がどんこ、右が香信です。
干ししいたけ: 生のしいたけを干して作ったのが干ししいたけで、水で戻してから料理に使います。日本の干ししいたけは世界一といわれるほど、うまみと香りが強いです。

干ししいたけはかさの開き方によって2種類に分かれます。
  • どんこ: かさが閉じている状態で干したもの。弾力があり、肉厚で、歯ごたえがあります
  • 香信: かさが開いている状態で干したもの。肉薄で大型。水ですぐ戻ります

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。