たまねぎの旬っていつ?

たまねぎは、春に種をまいて秋に収穫するものと、秋に種をまいて春から初夏にかけて収穫するものがあります。秋からは主に北海道産が、春からは主に本州産のたまねぎが旬を迎えます。ちなみに4~5月にかけて出回る、乾燥させていないたまねぎは、新たまねぎとして出回っています。主な産地と時期は、次の通りです。
  • 9~3月:北海道
  • 4~8月:佐賀県、兵庫県、愛知県、長崎県


たまねぎの種類と時期について

黄たまねぎ
かさかさの淡褐色の皮が特徴的の「黄たまねぎ」です
黄たまねぎ: 辛みのあるたまねぎで、国内で主流のたまねぎです。硫化アリルという辛み成分が多く、これが特徴ある辛みの元になっています。また、たまねぎを切ったときに涙が出るのも、この成分のせいです。収穫後、乾燥させて貯蔵性を高めてから売られています。


ホワイトたまねぎ
透明感のある「白たまねぎ」と濃い紫色が鮮やかな「紫たまねぎ」
白たまねぎ: 黄たまねぎと比べて辛みが少なく、柔らかいたまねぎです。みずみずしく、甘いので、生食に向いているので、サラダにして食べるとおいしいです。

紫たまねぎ: 白たまねぎと同様、辛みが少なく、柔らかくて甘い、生食向きのたまねぎです。皮が濃い紫色で、切り口も紫色のたまねぎです。サラダにすると、彩りもよいです。


葉たまねぎ
全体的に柔らかく、触るとふかふかとしているたまねぎです
葉たまねぎ: たまねぎが大きくなる途中に、柔らかい葉が出ている状態で収穫したものです。ねぎのように緑色の葉をメインに食べるたまねぎです。味はねぎによく似ており、加熱すると、とろけるように甘いです。煮込みやスープにおすすめです。


葉たまねぎ
小粒でかわいらしい姿の「ペコロス」
ペコロス: 小たまねぎのことで、黄たまねぎを密植し、大きく育たないようにして育てたたまねぎです。直径はだいたい4cm程のミニサイズで、シチューなどの煮込み料理や、ピクルスに使われます。黄たまねぎと同じように、乾いた皮を剥いてから料理します。

新たまねぎ: 4~5月に出回る、春先に収穫されたたまねぎです。乾燥させることなく、売られるので、貯蔵性はよくありませんが、みずみずしさが際立っています。サラダやマリネにぴったりの旬の味覚です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。