TOPヘビコーンスネーク>ハイポメラニスティック
ハイポメラニスティックコーンスネーク
写真提供:レプタイルストア ガラパゴス

コーンスネーク・ハイポメラニスティック

学 名Elaphe guttata guttata※2002年から新しい学名としてPantherophis guttatus guttatus も使われている別 名:単に「ハイポ」と省略英 名:Hypomelanistic Corn Snake分 布:アメリカ合衆国東南部(サウスカロライナ州・ジョージア州)全 長:80~120cm 最大182cm

コーンスネークの色彩変異の一つです。「ハイポ」は「ハイポメラニスティックHypomelanistic」の略、つまり「減黒色色素」で黒色色素が通常よりも少ない変異です。ノーマルは赤いブロッチの周囲が黒色で縁取られているのですが、黒色色素が少ないので、それが薄かったり細くて目立たなくなっていたりします。一方、いわゆるアルビノではないので目は黒いままです。

意外にコーンのノーマルのハイポは数が多くなく、さまざまな品種と掛け合わすと新しい品種が生まれたりする可能性を秘めているとされ、珍重されています。ただし黒色色素の減少量は個体によっても差があるので、ほとんどノーマルと区別がつかない個体があったりとさまざまなクオリティが存在しています。

その他の情報はノーマルコーンの項を参照して下さい。

飼育の基本情報
飼育容器フタがしっかりとできるプラケース。高さの低いフラットプラケでも可。大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。
温度特に保温の必要はないが、消化不良をふせぐためフィルムヒーターをケースの下に敷くと良い。繁殖を考えるのならば冬期に12℃程度で3ヶ月くらいクーリング。
照明特に必要なし
床材ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良い。
容器内レイアウト体全体が浸かるような水容器とシェルターを設置する。
大きさに合わせたマウス。冷凍を解凍したものでよい。
基本的な世話いわゆるナミヘビの飼育方法
  • 脱皮前はそっとしておく
  • シェルターは脱皮の時のとっかかりになるようなザラザラした素材
  • など
※「飼育の基本情報」および「品種の解説」は「はじめてのコーンスネーク(マリン企画)」と海外サイトを参考にしました。


<関連記事>
コーンに始まりコーンに終わるfrom All About
両爬の色彩変異 白ヘビ様from All About

<おすすめINDEX>
ヘビのコミュニティサイトfrom All About
ヘビfrom All About

<参考サイト>
SpaceSatoru

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているハイポメラニスティックコーンスネークに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。