大根の旬っていつ?

季節ごとに産地が入れ替わる大根。おかげで年中おいしい大根を食べることができますね。その中でも、12月から2月の寒い時期に収穫される大根は、実がキュッと引き締まり、水分も豊富で、甘みがあっておいしいです。次に、季節ごとの産地を紹介します。
  • 春: 千葉県、青森県、茨城県産を中心に、4~6月に出回ります
  • 夏:北海道、青森県、群馬県産を中心に、7~9月に出回ります
  • 秋冬:千葉県、神奈川県、茨城県産を中心に、10~3月に出回ります


大根の種類と時期について

青首大根
大根と言えば「青首大根」といえるくらいお店にあふれています
青首大根: 年中手に入る、メジャーな大根です。首の部分がうっすらと青みがかっており、甘みがある小ぶりな大根です。買いやすく、食べやすいということで人気の大根です。

辛み大根
おろしや薬味にぴったりの「辛み大根」
辛み大根: ずんぐりしていて、小さくて白い大根です。名前の通り、ツンとした刺激的な辛みのある大根で、おろしに向いた大根です。主に群馬県、長野県、京都府で作られています。

レディーサラダ
こんなに赤いのに、中身は白いことにびっくりの「レディーサラダ」
レディーサラダ: 大根の主要産地のひとつ、三浦半島で作られている、サラダ用の大根です。にんじんくらいの大きさで、皮は赤く、中は白いです。辛みが弱く、繊維質が柔らかいので、生でシャクシャクといただけます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。