TOPヘビコーンスネーク>ワイドストライプコーン
ワイドストライプコーン

ワイドストライプコーンスネーク

学 名Elaphe guttata guttata※2002年から新しい学名としてPantherophis guttata guttata も使われている別 名:-英 名:Wide Stripeed Corn分 布:アメリカ合衆国東南部全 長:80~120cm 最大182cm

コーンスネークの斑紋の変異である縦縞型「ストライプ」と似ていますが、ちょっと異なるタイプです。

通常の「ストライプコーン」は、ノーマル模様にある背部のブロッチ(赤い大きな楕円形の斑紋)が体側でつながって、いわゆるハシゴ状になった「モトレー」のつながっている場所だけが残って背中のブロッチが消失したタイプです。つまり両体側に一本ずつ、計2本の縦条が走っています。しかし本タイプは、ノーマル模様の背部のブロッチがすべてつながって一本の細長いブロッチになってしまった変異です。ですから縦条は背中に、通常のブロッチと同じ幅の太いものが一本だけ走っているタイプです。かなり珍しいタイプのようです。遺伝すると思われますので、品種として固定されるかもしれません。探してもなかなかいないことだけは確かです。

その他の情報はノーマルコーンの項を参照して下さい。

飼育の基本情報
飼育容器フタがしっかりとできるプラケース。高さの低いフラットプラケでも可。大きさはよく言われるようにヘビがとぐろを巻いたときの3倍程度以上の床面積があればよい。
温度特に保温の必要はないが、消化不良をふせぐためフィルムヒーターをケースの下に敷くと良い。繁殖を考えるのならば冬期に12℃程度で3ヶ月くらいクーリング。
照明特に必要なし
床材ウッドシェイブなど。新聞紙やクッキングペーパーでも良い。
容器内レイアウト体全体が浸かるような水容器とシェルターを設置する。
大きさに合わせたマウス。冷凍を解凍したものでよい。
基本的な世話いわゆるナミヘビの飼育方法
  • 脱皮前はそっとしておく
  • シェルターは脱皮の時のとっかかりになるようなザラザラした素材
  • など
※「飼育の基本情報」は海外サイトを参考にしました。


<関連記事>
コーンに始まりコーンに終わるfrom All About
両爬の色彩変異 白ヘビ様from All About

<おすすめINDEX>
ヘビのコミュニティサイトfrom All About
ヘビfrom All About

<参考サイト>
SpaceSatoru

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているワイドストライプコーンに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。