ナ行の科

■ナス科
ジャガイモ 芽、緑色のイモ 口腔や咽の灼熱感、嘔吐、下痢、流涎、腹痛、発熱、瞳孔散大、運動失調、筋力低下、徐脈、血圧低下
タバコ 催吐、嘔気、嘔吐、発汗、目眩、気管収縮、血圧上昇、呼吸困難、知覚障害、死亡
チョウセンアサガオ 葉、全草(特に種子) 流涎、嘔吐、下痢、口渇、視覚障害、瞳孔散大、幻覚、頻脈、死亡
トマト 葉、茎 結膜炎、皮膚炎、未成熟果実の摂取で嘔吐、下痢
ハシリドコロ 全草、特に根と茎 口渇、嘔吐、目眩、幻覚、興奮、昏睡、呼吸困難、散瞳、頻脈
ヒヨドリジョウゴ 全草(特に果実) 発熱、嘔吐、蹴り、腹痛、呼吸困難、死亡
べラドンナ 全草、特に根、茎、葉 咽の渇き、粘膜の乾燥、瞳孔散大、心拍異常、ケイレン、胃腸障害(猫)
ホオズキ(イヌホウズキ) 種子 嘔吐、腹痛、血便、下痢、目眩、口内の乾燥、呼吸困難
ナス 芽、葉 嘔吐、腹痛、血便、下痢、目眩、口腔の乾燥、呼吸困難
■ニシキギ科
マサキ 葉、樹皮、果実 嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺
 

ハ行の科

■バショウ科
ゴクラクチョウカ(ストレリチア) 全草 嘔吐、下痢、腹痛
■バラ科
アンズ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、虚脱、ケイレン
ウメ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、虚脱、ケイレン
スモモ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、虚脱、ケイレン
モモ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、虚脱、ケイレン
リンゴ 未成熟の果実、種子の中身 呼吸困難、虚脱、ケイレン
■ヒガンバナ科
アマリリス 鱗茎 悪心、嘔吐、下痢、流涎、肝障害、脱力感
キツネノカミソリ 鱗茎 嘔吐、下痢、腹痛、流涎、血圧低下、心不全、昏睡、麻痺
スイセン 鱗茎 嘔気、嘔吐、血圧低下、時に下痢、胃腸炎、心不全(ネコ)
ヒガンバナ 全草、特に鱗茎 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では嘔吐、腹痛、下痢、流涎、中枢神経麻痺、死亡
■ヒルガオ科
アサガオ 種子、ツル、葉 嘔気、嘔吐、下痢、反射低下、瞳孔散大、幻覚、血圧低下
アセビ 種子 嘔気、嘔吐、下痢、反射低下、瞳孔散大、幻覚、血圧低下
■ブドウ科
ツタ 接触では皮膚炎・結膜炎、経口摂取では嘔吐、下痢、胃腸炎
■ボタン科
シャクヤク 乳液 皮膚に接触した場合はかぶれ、経口した場合は嘔吐、胃腸障害、血圧低下
ボタン 乳液 皮膚に接触した場合はかぶれ、経口した場合は嘔吐、胃腸障害、血圧低下
ヤマシャクヤク 血圧低下
 

マ行の科

■マチン科
イエロージャスミン(カロライナジャスミン) 全草 運動失調、嚥下困難、麻痺、呼吸筋麻痺
■マメ科
キバナハウチワマメ(ルピナス) 全草、特に種子 硫涎、嘔吐、運動失調、呼吸困難、麻痺、催奇形性
キバナフジ 樹皮、根皮、葉、種子 ニコチンと類似症状、流涎、嘔吐、発汗、血管収縮、血圧上昇、知覚障害、呼吸不全、死亡
ニセアカシア 樹皮、種子、葉 遅発性嘔吐、下痢、流涎、発汗、腹痛、心悸亢進、苦悶、呼吸困難、腎機能不全
フジ 全草 嘔気、腹痛、頻回の嘔吐
プレカトリービーン(トウアズキ) 種子 麻痺、呼吸困難
■ミカン科
コクサギ 皮膚のかぶれ
ミヤマシキミ 全草 嘔吐、手足のケイレン、麻痺
■メギ科
イカリソウ 全草 知覚神経の興奮
■モクセイ科
ジャスミン 全草 運動失調、嚥下困難、ケイレン発作、呼吸筋麻痺、死亡
■モクレン科
モクレン 樹皮 筋肉の弛緩
 

ヤ~行の科

■ヤマゴボウ科
ヨウシャヤマゴボウ 全草、特に根、実 口腔刺激、嘔吐、下痢、重症:頻脈、呼吸困難、血圧低下、ケイレン
■ヤマノイモ科
オニドコロ 胃腸炎、血球破壊、嘔吐
■ユズリハ科
ユズリハ 葉、樹皮 肝障害、麻痺
■ユリ科
イヌサフラン(コルチカム) 塊茎、根茎、種子 目にはいると失明の恐れあり、口腔と咽の灼熱感、嘔気、下痢、皮膚の知覚減退、中枢神経麻痺、呼吸困難、時に死亡、催奇形性
オニユリ 全草 嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡
スズラン 全草 嘔吐、下痢、腹痛、徐脈、不整脈、心不全
ユリ(テッポウユリ、スカシユリ、オニユリ、カノコユリ) 全草 脱力感、脱水、腎臓障害、視力障害、全身麻痺
エンレイソウ(タチアオイ) 全草 嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡
オモト 全草 嘔吐、下痢、脱水、胃腸障害、腎臓障害、視力障害、呼吸困難、手足のしびれ、循環器不全、全身麻痺、死亡
コバイケソウ 全草 嘔吐、手足のしびれ、脱力感、意識不明、ケイレン
チューリップ 鱗球 皮膚炎、多食で心臓麻痺
シュロソウ 根、茎 嘔吐、手足のしびれ、脱力感、意識不明、ケイレン
ツクバネソウ 全草、特に果実地下部位 嘔吐、下痢、頭痛、重症:縮瞳・呼吸困難
バイケイソウ 全草、特に根 嘔吐、下痢、目眩、脱力感、血圧低下、ケイレン
ヒヤシンス 鱗茎 皮膚炎、多食で心臓麻痺
タマネギ 鱗茎 皮膚接触では皮膚のかぶれ、経口摂取では溶血
アロエ 樹液 下痢
■リュウゼンカツラ科
ドラセナ(幸福の木) 全草 嘔吐、下痢、手足の腫れ、麻痺、死亡

■参考文献
「もっともくわしいネコの病気」 矢沢サイエンスオフィス編
「動物が出会う中毒 ~意外にたくさんある有毒植物~」(財)鳥取県動物臨床学研究所
 

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。