ごちそうを食べた後気をつけたい事

画像の代替テキスト
年始のスタートがよければ、気分も良いもの。今年こそは、理想体重キープでスタートしたい!?
ごちそう日の翌日。昨晩は食べ過ぎちゃったなぁ、と思った時、いつもあなたは何らかの食事面でのアフターフォローをしていますか。

大切なのは、食べ過ぎた後のリカバリー。2~3日中に調整しなおすことで、太りにくくする事も可能なんです。

さてその方法は前日に食べ過ぎた食品を控えめにしつつ、全体のカロリーを抑えるというのが鉄則。

■脂の多い食事だったら
翌朝の朝食はご飯かおにぎり、昼食もうどんか日本蕎麦を中心に。翌日の夕食も和食を選び煮魚などのおかずをチョイス。2日くらいは油控えめで過ごしましょう。いつも普通に食べている食事よりも、上手に組み合わせれば1日トータルで500kcal減以上の違いを出す事も可能。それを2~3日続ければ、ごちそう前にリセットも夢じゃありません。

■肉類を多く食べたら
翌朝から2日は肉を控えましょう。ハムやソーセージなどの加工品を食べるのも休止して、魚、卵、豆腐などをおかずに食事を組み立てましょう。

カロリー面だけでなく、肉の脂の摂り過ぎは頻繁だと栄養バランス的にも心配。カラダを浄化させるべく、野菜も多く食べたいですね。

■魚介類に肉類、おかず中心にたくさん食べたら
ごちそう後に一番多いパターンはこれだと思います。刺身に唐揚げに焼き物に、とごちそうはタンパク質のおかずが中心になっていることが多いもの。

翌朝から2~3日は、炭水化物とたっぷりの野菜を中心に、味のアクセント程度に魚や肉を使う程度にしておきましょう。タンパク質は筋肉になる、というイメージが強いのですが、食べ過ぎると脂肪として貯蔵されもします。安心して食べ過ぎることのないよう、知っておきたいですね。

■お寿司やパン、麺など、炭水化物を食べ過ぎたら
炭水化物メニューの場合は、翌日1日はいつもの半分の量程度のご飯やパンを3食食べる程度にしておきましょう。

■デザートを食べ過ぎちゃったら
デザートの多くは、油脂、砂糖が多いもの。従って、翌日以降はあぶらと砂糖を控えめに。連続して摂り過ぎると肌のバランスにも影響することがあり、美容上も良くありません。たっぷり野菜やヨーグルト、豆製品を心がけて食べるようにしてみると良いでしょう。

■アルコールを飲みすぎたら
飲んで歯止めが効かなくなってたくさん食べ過ぎてしまった……、と後悔した場合は、翌日からしっかり調整を。

まず水分を多く摂り、野菜や果物をいつもの倍量くらい食べるようにして1日を過ごしてみてください。いつものように空腹感が戻ってきたら、消化の良いものを中心に食べましょう。食事の内容も、カラダの重たさがとれるまでは、和食を意識してカロリーも控えめに。


ダイエット中でも年末年始、ごちそうは避けて通れないもの。自分なりの工夫をしながら、この時期も体重キープを心がけて、楽しい新年を迎えたいですね!

【関連リンク】
◆お酒の席でもダイエット!
お酒の席でカロリーセーブ!そのコツとは?
◆ダイエッターのためのケーキの選び方、食べ方はコチラ
【保存版】ダイエット中のケーキの食べ方

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。