新鮮で美味しい魚が食べたい! と思ったら、迷わず市場へ。鮮度抜群の魚介類がたっぷり、しかも安い!旨い!
今回は首都圏から行ける、穴場的な市場食堂、横須賀魚市場の『魚河岸食堂 はま蔵』をご紹介します。

東京湾と相模湾の
トレピチ鮮魚が大集合


はま蔵
マグロとエビのほかは内容は日替わり。この日はメバチマグロ、サヨリ、ボタンエビ、カサゴ。魚は目の前の魚内場のほか、近隣市場からも仕入れる。「今日のマグロは横浜の南部市場から」。


横須賀市民約40万人をはじめ、近隣住民の食卓を支える横須賀魚市場。相模湾、東京湾の魚が集まる消費地市場だ。

そんな市場の社員食堂的存在なのが『魚河岸食堂 はま蔵』。
「職員の方だけでなく近隣にお勤めの方も利用してくれるんです」
の言葉どおり、昼になれば、どこからともなく人が集まり、あっという間に満席。皆、慣れたふうに、食券を購入してゆく。


次ページへ続きます。