美食を追い求めて旅するのももちろん楽しいものですが、今回は少しだけ趣向を変えて、こんな目的の旅はいかがでしょうか?
一度は見に行きたい、日本一の花景色を歩く旅。もちろん、美食の店情報つき!

樹齢は推定千年以上!
日本三大桜のひとつ『滝桜』


三春滝桜
天然記念物にも指定されているこの見事な枝振りは、ぜひ一度目にしておきたい。なお、今年の見頃はまさに今!だそうなので、おでかけの際はぜひお急ぎを!
岐阜県本巣市(旧根尾村)の『淡墨桜』、山梨県北杜市(旧武川村)の『神代桜』とともに、日本三大桜に数えられる『三春滝桜』。どれも樹齢千年以上という老木だが、中でも、もっとも元気な姿を見せるのがこの滝桜だ。

大きさは樹高12m、根回り11m。といってもピンとこないだろうが、学校や病院に咲く大きな桜が10本まとまったほどの傘が頭上に広がる、といえばどうだろう。

太くうねる幹はまるで動物のようで、日本三大桜の貫禄は十分だ。

滝桜だけではない!
城下町のあちこちに古木の枝垂れ桜が点在


町並み
川沿いの町並みには、城下町らしい景色がわずかに残る。
この桜を見るために、例年多くの人々が城下町・三春を訪ねてくるのだが、実は滝桜以外にも素晴らしい桜が点在していることは意外と知られていない。

裏通りを歩けば次々と現れる枝垂れ桜の古木……。そしてお隣り、郡山市との町境付近には『紅枝垂地蔵桜』をはじめ、『五斗蒔田桜』や『忠七桜』などの古木が点在(滝桜から4~5dの範囲内)。

さらに 三春 の文字が如く、梅も、桃も、同時に咲いて……。それはもう「みごと」というほかない光景だ。

■三春滝桜【福島・三春町】
大正11年10月12日 国指定天然記念物
種類/エドヒガン系紅枝垂桜
樹齢/推定800~1000年

アクセス/東北新幹線郡山駅から磐越東線に乗り換え三春駅下車。東京から約1時間40分。開花期は駅から滝桜へ臨時バスあり
東北自動車道郡山JCTまたは常磐自動車道いわきJCTから磐越自動車道へ。郡山東ICから約15km、船引三春ICから約8km。ともに東京から約3時間

お問い合わせ/0247-62-3690(三春町観光協会)
URL http://miharukoma.com/

さて、三春の町並みをゆるり歩いて、見事なしだれ桜を堪能した後は、こんな一軒はいかがでしょう? 次のページでご紹介します。