東京の奥座敷、御嶽山で
発見した素敵な宿坊

御嶽山に行く前には、奥多摩の観光もどうぞ。これは2007年11月21日の様子
近年宿坊が人気で、東京在住の方に「どこか近くによい宿坊はありませんか?」と尋ねられることも増えてきました。その際は、埼玉県や千葉県にある宿坊をご紹介していたのですが、実は、東京の奥多摩のそのまた奥の御嶽山の上にも、とても素晴らしい宿坊があったのです。しかも、1軒ではなく、20軒以上も……。

いやいや、前からそこに宿坊があることは知っていたのですが、御嶽山の宿坊は、よくテレビなどで、滝をかぶる厳しい修行をするところとして紹介されます。わたしはプチ修行オタクなので行ってみたくはあったのですが、「滝をかぶるとなると、夏しか行けないよなぁ。それに一人では、ちょっと恐いなぁ」と、先延ばしにしていたのでした。

今年も、行こう行こうと思っているうちに秋が深まってしまったのですが、そこへ、「青梅、奥多摩地域観光まちづくり」という団体が開催するツアーへの招待状が舞い込みました。青梅の自然や味を満喫し、御嶽山の宿坊に泊まって伝統文化を体験しましょうというのが、その骨子です。

えっ、この寒いのに滝をかぶるのかしらと一瞬躊躇したのですが、御嶽山の滝修行は、したい人だけがするオプション的なもので、宿坊に泊まったら必ずするというわけではないようです。なので皆さん、寒い季節も、どうぞお気軽に、御嶽山の宿坊に行きましょう。ホント、楽しいこと、美味しいことがいっぱいで、超お勧めなんだから。

とにかく奥多摩の自然はすごかった。こんなところが東京都だなんて、信じられない


東京都とは思えない
大自然にびっくり!

おそるべき勾配のケーブルカー。高所恐怖症のわたしは、目も開けていられないほど
御嶽山に行くには、JRのみたけ駅で降り、そこからバスにちょっと乗り、おそろしい急勾配のケーブルカーに乗り換えます。山上は文字通りの別天地で、澄み切った空の下に、関東平野の大パノラマが広がっています。

その昔、小笠原に行ったときにも思ったことですが、東京都は小さいようでいて、驚くほど多様な自然のあるところです。椰子の木が茂る亜熱帯の島もあれば、御嶽山のようにムササビが飛び交う山もある。世界の大都市で、こんなにたくさんの自然が残るところが他にあるかしら。

●耳寄り情報!
御嶽山のケーブルカーは、12月31日から元旦にかけて終夜運転されます。初日の出を見たいかたは、ぜひ、お出かけください。

御嶽山からは、関東平野がすべて見渡せる。あまりのダイナミックな光景に、しばし唖然

●御嶽山の観光情報は、こちらをごらんください

●美しい写真満載の観光情報はこちらにもあります

●アクセス方法と交通費はこちらです

次のページは御嶽山と御岳神社の歴史について。御嶽山の宿坊は、お寺の宿坊ではなく、神社の宿坊です。それはなぜなのかを、江戸時代にさかのぼってお話します。