カウンター12席の至福の場所へ、新鮮・旬にこだわり~さきと~

表通りからちょっと入ったところにある「さきと」。このドアを抜けると九州の美味い魚が堪能できます。
福岡の目の前には玄界灘が広がり、九州の新鮮・旬・旨い魚がここ福岡には集まってきます。そして市内には多くの魚を提供してくれるお店は多数ありますが、今回ガイドがご紹介するお店は中央区舞鶴にある「さきと」。

店名は、店主・松本さんの出身地である長崎県の旧崎戸町(現在は西海市)からのもの。さきと店内は地元のサラリーマンやさきとファンでいつも満席状態。ここは予約なしでは入れないほどの盛況店です。壁一面には松本さんが書いたメニューが所狭しと貼ってあり、どこからでも見える配慮がされています。

福博の郷土料理のゴマさば(1000)。生の刺身で食べれる新鮮なサバに甘めのゴマ醤油ダレを絡めたもの。「力一杯うまか~」(「めちゃくちゃ美味しい」という意味)
その日お店に出す魚は、毎朝5時に魚市場へ仕入れに出向き、新鮮さと旬、そして天然の素材にこだわっているものばかり。自らの目で選んだ素晴らしい素材に、余計な手を加えることなく、魚本来の旨味に松本さんの技が加わり、魚の旨さを再発見できるような逸品ばかり。ここさきとではきっと、他では味わえない味に出会えるはず。そして価格も財布に優しい設定で、思う存分福岡ならびに九州の魚を大満足することが出来ます。

さきと店内。所狭しと貼られたメニューは、店主・松本さんの直筆。どこから見ても見やすメニュー。
今ではなかなかお目にかかれない鯨の刺身。さきとではいつでも食べれます。(写真はいわし鯨の刺身。これは不定期品)


そしてさきとには魚にあった全国の日本酒や焼酎も数多く揃っています。他ではなかなか飲むことが出来ない銘柄も多く、料理とお酒との絶妙なコンビネーションが楽しめ、さきとの空間を存分に楽しめます。また松本さんがワインが好きとのことで、ワインも提供してくれるのは女性には嬉しい。この連日の賑わいは料理とお酒、そしてお店の雰囲気からだと思われるさきとは、大事な人と一緒に絶品の魚とお酒を楽しみたいときに足を運びたいそんなお店です。

そうそう、行かれる際は必ず予約をしてからがおススメ。


■さきと
・所在地:福岡市中央区舞鶴2-8-25-101
・電話番号:092-781-8778
・営業時間:18:00~23:00
・定休日:水曜日
・アクセス・地下鉄空港線より徒歩約10分
・地図:「Yahoo! 地図情報」


福博の名物料理の豚足。店々で調理法や味付けに特徴あり。福岡に来た際は是非ご賞味あれ。(写真:「博多よかよか」の豚足(580))
おまけに、福岡・博多のお店では豚足(とんそく)というメニューをよく見かけると思います。妻は神奈川県出身で、福岡に来るまでは豚足を食べたことが無く、そして豚の足が美味しいはずがない! と思っていたのですが、食べた途端、「おいしい!!」となり、今では大の好物となっています。特に女性にはコラーゲンタップリの豚足はおススメのメニューです。福岡にお越しの際、豚足の文字を見かけた際は、是非トライしてみてください。その味の虜になると思いますよ。


今回は福岡・博多を代表する食べ物を提供してくれるお店をご紹介しました。ご紹介したお店以外にも、まだまだ福岡・博多には数多くの旨い店があります。そんな福岡・博多の街はコンパクトにまとまっていますので、ちょっと歩いている時に、気になったお店があれば足を踏み込んでみて下さい。きんしゃい気質の福博の人たちが、きっと素晴らしい出会いを提供してくれるはずです。


【今回の記事の関連記事】
うどん・蕎麦など日本発祥の碑がある博多の寺院特集
意外に古都!? 博多の古刹巡り

福博の夜の名物、屋台の特集記事
お薦めの屋台エリア・冷泉公園の厳選3店

ラーメン激戦エリア、西区福重~石丸地区の特集記事
福岡ラーメン激戦地 西区福重~石丸エリア

記事中写真の「豚足」を提供してくれる「博多よかよか」が載っている記事
福岡の焼酎はここで飲めば大正解!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。