3月末にパリーグが、そしてその1週間後にもセリーグが開幕。プロ野球ファンには秋までの間、熱くなる季節がスタートしました。毎晩、ご贔屓チームの勝敗に一喜一憂していく日々が続いて行くことでしょう。

ここ福岡にも我らが福岡ソフトバンクホークスが4年ぶりのV奪還を虎視眈々と狙い、順調なスタートを切りました。ファンにとっては球場で好きなチームを応援するのは楽しいひと時。全国的にも熱い熱い応援をすることで有名な福岡のファン。その応援の場、福岡Yahoo! JAPAN DOME には今年新たな観戦シートが登場。その名も、ボックスファイブ。早速、体験してきました。


新しいシートアレンジ、その名もボックスファイブ!

3塁側に出現したボックス席。5人がゆったりとくつろげるスペース。
今年の福岡Yahoo! JAPAN DOMEには、より快適に野球観戦をするためのボックスシートが登場。その名も『ボックスファイブ』(1セット・5枚券 20000、1人あたり4000)。大人5人がゆったりと楽しく熱狂的に応援できるスペースが今年新たに出現。


新しい観覧席が登場。ゆったり5人が座れるボックスファイブ。
3塁側の一角に出現したボックス席。マスコミ関係の席にしては中途半端なところにあるなぁ~と思えるほど、外観はしっかりとした箱物。この箱物こそ、今年から新たに、家族や気の合う仲間達とワイワイと楽しく野球観戦ができる嬉しいスペース。全27ボックスあり、5人分のシートと中央には机が設置されています。



ボックスファイブはリラックスした空間を演出

ボックスファイブからのグランド風景。なかなか、広々とグランドを見渡せ、結構お気に入りになりそう。
ボックスファイブは大人5人がゆったりとした雰囲気で観戦を楽しめるスペースを提供しています。横や前後を気にすることも無く、買い物やトイレに行くにも気楽に席を立ち、スムースに行けるのは嬉しいもの。ボックスファイブからのグランドは見晴らしもよく、そして席を立っても後ろのボックスとは段差があるため、後ろのボックスの邪魔にはならず、熱く応援することが出来ます。少々席を立ち熱狂的に応援しても、大丈夫なくらいな広さを有しているのです。

このボックスファイブでは、外野席の応援ダンスが踊れるくらいのスペースがあり、家族は勿論、気心知れた仲間達としばしの楽しい時間を過ごせる絶好の空間です。

センターに設置されたテーブルは広々としており、思い思いの弁当や菓子などを広げて楽しめ、人数分のドリンクホルダーもあり、充実した野球観戦が出来ます。


★ボックスファイブ
*販売先:ヤフードーム7番チケット売場またはローソンチケット
*価格:20000 (5人分、バラ売りはしていません)
*販売日:試合月2ヵ月前の25日 10:00より
*備考:ローソンでの購入時はLコード必要 ⇒ 80005(全試合共通)


昨年と違うドームの利便性重視の設備、これは嬉しい!

通路の外周側に新設された女性用トイレ。
昨年からは男性用トイレを一部女性用に改良して使用していましたが、今年は通路の外周側に女性用トイレを新設しています。これで混雑解消になり、熱戦が繰り広がれているグランドを観れる時間が増えること間違いなし。利便性を考慮し、快適な空間を提供しようとする姿勢が感じられ、ドームを楽しめる時間が充実するはず。


新たに設置された液晶画面。様々な情報が流れ、幅広く活用できるはず。
ほど等間隔に設置されている液晶画面。様々な情報が流れ、観ているだけでも楽しい。あまり見過ぎて肝心の野球観戦を忘れずに。

今年の福岡 Yahoo! JAPAN DOMEは、充実した野球観戦が出来るように設備なども整備され、より楽しく球場全体の雰囲気を満喫できるような工夫が施されています。





ドームでの楽しみ。風船飛ばしに勝利の歌、花火にそしてルーフショー

取材した日は、ホークス勝利!! ホークスファンの方はよくご存知ですが、勝った試合の後は恒例の勝利の白い風船飛ばしに始まり、花火ショー、そしてルーフショーと試合終了後も大いに楽しめる演出が続きます。初めてドームに来た方は、この演出にはビックリされ、大変喜んで帰られます。多くの人たちがこの一連のショーを見れるようホークスの選手には頑張ってもらいしょう。
ドームに来たらコレをしないと来た意味なし。ラッキー7の黄色い風船飛ばし。大いに歌いましょう。
勝利の後の白い風船飛ばしは安堵の中での楽しみ。



ホークス勝利のお約束、勝利の花火。花火の轟音がドーム内に炸裂。
勝利後のセレミニーが終了するとルーフがゆっくりと開きます。デーゲームの時は屋根が開き、光明が差し込める瞬間は幻想的。




今年から出来たボックスファイブ。快適なシートアレンジと居心地の良さ。これはクセになりそうなほど楽しめる空間。皆さんも是非ボックスファイブを体感してみてください。新しいドームの楽しみ方が増えるはずです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。