今まで行った国のなかでどこが一番良かった?——そんな質問をされることがよくあります。どの場所もそれぞれ魅力があって、なかなか一番を決めるのは難しいもの。でも、「また行きたい国は?」と聞かれれば、悩まず「ゴハンが美味しい国!」と答えます。

そこで今回は、週刊アスキー(8月20日発売号)「ランキング帝国」との連動企画で、ガイドが薦める「わざわざ食べに行きたい世界の美食ベスト5」をご紹介。といってもベスト5に絞るのはかなり難しかったんですが……。とりあえず現時点でのマイベストです!

それでは、早速ランキングの第5位の発表です。

第5位 ファヒータス(メキシコ)

ファヒータス
Chili’s Frill & Barのファヒータス。チキン(右)とビーフ(左)のミックス

まずはメキシコのファヒータス(Fajitas)。ファヒータスとは、ハーブやスパイスでマリネした肉に、細切りのタマネギやピーマンなど一緒に炒め、トルティーヤに巻いて食べる料理。

ファヒータスは、シンプルながら、どこか豪快。ビールにもよく合います。具はチキンやビーフのほかに、エビなどもありますが、やはりイチオシはビーフ! グアカモレ(Guacamole)と呼ばれるアボガドのソースなどをつけていただきます。

ハバネロソース
激辛だけどクセになる!アバネロのサルサ
ファヒータスを食べるときにぜひ試してほしいのが、アバネロのサルサ(ハバネロのソース)。世界一辛い唐辛子として有名なハバネロ。本場の辛さは半端じゃありませんが、これが驚くほど何にでもよく合うんです。もちろんファヒータスにも。辛さのなかにも深い味わいがありクセになります。ビールもさらに進むこと、間違いなしですよ!

有名な店のひとつは、Chili’s Frill&Bar。アメリカのテキサス生まれのチェーン店です。実はファヒータスはテキサス風メキシカン(Tex-Mex)とも呼ばれ、むしろそのほうが有名。もちろんメキシコでも食べられます。ファヒータスは150ペソ前後(約1,700円)。

【関連記事】次のページでは、第4位と第3位の発表です!