映画で見る&学ぶ世界遺産シリーズ第2弾は、インディ・ジョーンズ・シリーズと並ぶ冒険活劇に成長したハムナプトラ・シリーズ! この8月についに公開となった『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』をはじめ、シリーズ3作とスピン・オフ作品『スコーピオン・キング』を紹介する!!

関係する世界遺産は、「メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」「古代都市テーベとその墓地遺跡」「アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」「万里の長城」「秦の始皇陵」など多彩!
『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』より
全世界待望!! エジプトから中国へ舞台を移し、いちだんとスケール・アップして帰ってきたアクション・アドべンチャーシリーズ第3弾『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』。新たな冒険が、いま始まる! 日劇1ほか全国大ヒット上映中。配給:東宝東和 ©2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ハムナプトラ ~The Mummy~ シリーズの誕生

主人公リック・オコーネル
ブレンダン・フレイザー扮するシリーズのヒーロー、リック・オコーネル。©2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
すでに3作品を世に送り出しているハムナプトラ・シリーズ、原題を"The Mummy"という。和訳するとミイラ。シリーズのいたるところで「もうミイラはイヤだ」というようなセリフを耳にするが、原題を知っている人ならクスッと笑ってしまうところだ。

実は"The Mummy"という映画はハリウッドで以前にも何度か作られていて、おおもとになっているのが1932年に公開された映画(邦題『ミイラ再生』)だ。そしてこれをリメイクしたのが1999年に公開された第1作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』なのだ。

映画は大ヒットし、2001年には続編『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』が公開。2作の興行収益は世界で10億ドルを記録するメガ・ヒットとなった。さらに2002年には『黄金のピラミッド』に登場したスコーピオン・キングを主人公に、スピン・オフ(外伝的な派生作品)で『スコーピオン・キング』を制作。そしてこの2008年8月、『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』の公開に至る。

シリーズの特徴は、冒険活劇ながらシリアス一辺倒に陥らず、ユーモアにあふれているところ。コメディあり、ラブ・ロマンスあり、そのうえSFやオカルトの要素まで詰め込んだビックリ箱のような作品に仕上がっている。

世界遺産ファンとしての見所は、なんといっても古代エジプトや中国の遺跡や人々の生活が再現されているところ。たとえばカルナックなどの神殿は極彩色だったといわれているが、実際に現地に行っても退色していて当時のような姿を見ることはできない。これこそ映画ならではの楽しみなのだ(突っ込みどころはあるけれど)。

次のページからはそれぞれの作品の紹介と、登場・関連する世界遺産を紹介していこう。