塾選びで注意したいこと

使用しているテキストを見せてもらい、具体的にどのように授業を進めているのか必ずチェック
使用しているテキストを見せてもらい、具体的にどのように授業を進めているのか必ずチェック
「○○高校何名合格!」といった感じに、塾のチラシを見てみると、合格実績が派手に載っているものもちらほら。もちろん、合格実績も大切ですが、それだけが塾を選ぶポイントではありません。良い塾とは、子どもに一番合った塾なのです。

ポイントは、「指導方針(理念)」が子どもの学力に合っているかどうか。いくら有名校に多くの生徒を合格させている塾でも、授業についていけなかったら元も子もありません。

入塾する前に、どんな塾なのか直接足を運んで尋ねてみましょう。その際、使用しているテキストを見せてもらい、具体的にどのように授業を進めているのか必ずチェックしましょう。体験入学ができる場合は、ぜひ試してみてください。

また、塾に通って成果が現れるのは早くて2、3ヶ月、長くて1年ほどかかります。成績が上がらないからと言って、安易に塾を変えるのは返って逆効果になる場合があるので注意しましょう。

もし塾を変える場合は、最低でも半年、できれば1年ぐらいは塾に通わせてみてから判断しましょう。逆に、明らかに今の塾にあっていない場合は、すぐに塾を変える決断も大切です。その場合は、「なぜ今の塾に合わなかったのか」をじっくりと考えてみて、次の塾選びに生かしましょう。

もう一度診断に戻る>>


<AllAbout関連記事>
高校受験に強い進学塾 7つの秘密
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。