皆さんは「かりん」という果物をご存知ですか?春に花が咲き、秋に実が成るバラ科の植物で、実は水分がなくて固く、そのまま食することは出来ません。渋柿以上の固さがあるといわれています。
昔から漢方薬などとして広く愛されてきました。

かりんは、シロップ漬けにしたり、かりん酒にして、芳醇な香りを楽しめますが、風邪予防や咳止め、利尿作用を活発にするような効果もありますので、これからの季節にオススメです。

今回はかりんをシロップ漬けにして保存する方法を紹介します。

かりんシロップの作り方

1、熱めのお湯の中で、かりんをタワシでゴシゴシ洗います。表面に傷をつけてOKです。2,3日そのまま置いておくと、表面がベタベタしてきます。蜜が出てきているんですね。
2、皮に水気が残っているようならふき取り(水分が残っているとカビが生えます)皮の傷部分を切り落とします。
3、縦に二つ割りします。
4、さらに縦に二つに割って、種とワタを取り除きます。
5、1cmほどの厚みに切ります。
6、お好きな容器に入れます。
7、蜂蜜を流しいれて、完了です。しばらく常温で置き、かりんから水分が出てきたら、冷蔵庫に入れます。2,3カ月放置し、かりんシロップの出来上がりです。

最初から冷蔵庫に入れると蜂蜜が固まって、かりんの水分が出ませんので、最初は常温で置いておいてください。

レモン汁を入れて、お湯割りにして飲むとおいしいですよ!



【関連・参考リンク】
寒い季節の果実酒・かりん酒(from,All About[ホームメイドクッキング]ガイド記事)…風邪予防にも良いといわれる花梨酒。寒さがきびしくなる季節の果実酒をつくりましょう。

ヒリヒリ喉に蜂蜜大根シロップ(from,All About[食と健康]ガイド記事)…寒さも本格的になり、風邪も流行っているようです。喉がヒリヒリするような痛みがある時に、おすすめのシロップをご紹介しましょう。ご家庭でとっても簡単に作ることができるんですよ!!

南高梅のシロップ漬け(from,All About[スタイリッシュレシピ]ガイド記事)…ヘタを取り、まち針で数十カ所穴をあけて一晩アクを抜き、塩で下煮したあと塩抜きをし、シロップに漬けるまでに1週間?!アレとココを省略してと試行錯誤しているうちに、美味しくて簡単レシピにたどり着きました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。