ネズミ対策の方法に効果的なのは?

ネズミ対策の方法とは? 

ネズミ対策の方法とは? 


近年、保健所に寄せられるネズミ被害の報告が非常に増えているのをご存知ですか?

以前『自然の力で!エコ家事流ゴキブリ駆除』でご紹介したように、害虫の予防は夏前が重要ですが、ウチに住み着いてもらっては困るネズミくんの対策は、秋からが重要です。

新築マンション、新築戸建だから関係ない!と思ってはいけません!ガイド宅のマンションでは新築での入居当初からネズミがマンションの敷地内で多く発見されているんです。

ガイド宅のベランダではガーデニングで作っていたエンドウマメやキュウリがかじられました。他の部屋の方は、ベランダにカブトムシの幼虫の入った飼育箱を置いていたところ、幼虫がネズミにかじられた痕跡があったそうです。

ベランダや敷地内で目撃されているうちはまだよくても、家に入ってこられては困ります。ネズミくんは外気の温度が低くなってくると暖かい室内に入ってこようとするので、秋から冬先にかけての予防と対策が必要なんですね。

殺すのは可哀想なので、今回は、身近なところからはいなくなって頂き、環境にも人体にも無害で、ほとんどお金のかからないネズミくん対策をご紹介します。  

その正体はクマネズミ? ドブネズミとの違い

昔から野生のネズミといえばドブネズミが有名ですが、現在、都会等人口の多いところ、ビル群などで繁殖しているのが「クマネズミ」です。

雑食で、ゴキブリなどの昆虫も食べるくらいの生命力があるので、ゴキ嫌いとしてはありがたいと思う反面、サルモネラ菌などの病原菌も持っているので、ゴキブリ同様近くに来て欲しくない生き物です。人の食べるものなら何でも食べるので、人の近くに居たいようです。

ドブネズミやハツカネズミは、毒の餌などの罠に引っかかりますが、クマネズミは頭が非常によく、毒の餌や、トラップに引っかかることはほとんどありません。少数のネズミが罠に引っかかっても大多数のネズミはそれを見て、危険だということを学習し、罠に引っかからなくなります。さらに、毒餌への耐性をつけたスーパーラットに着々と進化しています。しかもその耐性は遺伝し、子供にも受け継がれます。

ドブネズミよりも小型で身も軽く、肉球が発達していて、コード1本の上をスイスイと渡るので、天井裏などに住み着いているのはドブネズミではなくクマネズミの可能性大です。

東南アジア産のクマネズミは寒さに弱いので、冬が近くなると巣作りのために室内へ室内へ向かってくる性質があるんです。2cm四方の穴があれば体を通り抜けさせられるので、スキを見せたら家に侵入されてしまいます!しかも垂直な場所でも登れるんですよ。
 

ネズミ対策にはまず何よりも片付けから始めよう

モノを地面に直接置かないのも死角を作らないコツ。あなたのベランダや庭は大丈夫?
何より重要なのは、ネズミくんを住まわさない環境作り。生活ごみなどをベランダや庭に出したりしていませんか?家庭菜園もネズミ被害がひどいときはいったん中止した方が良いと思います。

そして、紙や布を作って巣作りするので、布ごみや紙ごみなどが豊富にある場所も標的になります。巣作りされたら最後、それこそネズミ算式に子供をポンポン産むので知らぬ間に数が増え、ベランダや庭から家に侵入される可能性は大です。

クマネズミは特に、飢餓に弱く、3日間何も食べなければ死んでしまいます。これが1滴の水で長期間生きられるゴキブリとの最大の違いですね。

そしてベランダや庭・部屋の中に多くの死角を作らないことも重要。モノが山積みのベランダや部屋では、ネズミくんや害虫たちに巣を提供しているようなもの。モノを処分してスッキリした部屋で暮らすのは、エコだし、しかもネズミくんや害虫発生の予防にもなるんですね。
 

ネズミは隙間が落ち着く? 対策には隙間をふさごう

ゴキブリ同様、ネズミ君も5cm幅くらいの隙間が落ち着くようです。そのため板や金網などで塞ぐなどして、隙間を作らないのが重要です。
 
 
家具と家具の間など、ガムテープをベタベタ貼ったりするわけにはいかない場所に~オススメなのが、空き箱などで隙間を塞ぐ方法。廃材でできるから、お金もかかりません。ただ、クマネズミは垂直にも登れるので、上まで隙間なく埋めないと意味を成しません。

そして、紙素材のものでは食い破られてしまうので、ネズミくん進入の可能性がある場所はクッキー缶など金属製の箱や箱のフタなどを使って、隙間を埋めると良いと思います。
 
 
空き箱がないときは、100円ショップで売っているバーベキュー用の金網を折り曲げて、隙間のサイズに合わせ、差し込むというのも良いです。
 

ネズミ対策の仕上げはアロマで侵入予防

 
ネズミは視力が弱く、白黒でしか判別できないと言われていますが、その代わりに嗅覚が優れています。植物性の食べ物が好物なクマネズミは、植物の甘い匂いは大好きで、かえって寄ってきてしまいますので、ネズミ避けには厳禁です。

オススメはペパーミントのアロマオイル。あとはユーカリなどもいいですね。アロマポットに入れて焚いてもいいですし、水を入れたスプレーボトルに数滴アロマオイルを垂らして、ごみ箱やベランダ・庭など、気になるところにスプレーして回るのも良いと思います。
 
 
特にペパーミントは、O-157にも太刀打ちできる殺菌力を持つと研究結果が出ているほど。生ごみの匂いを消臭してくれますし、ネズミ以外のその他の害虫避けにも効果があります。


自分のウチをきれいにしていても、周囲にネズミを呼び寄せるような環境のお宅があったりすると、気がつかないうちに侵入されていたりすることもあります。アロマオイルスプレーで予防、ぜひお試しください。

ここ数年のうちに都市部でクマネズミが激増した背景を考えると、生態系の破壊など、私たちの暮らしが環境に及ぼしている影響を感じます。

そもそもの原因から抜け出すためには、買わない・リサイクルするなどのゴミの軽減にも、もっと気を配る必要があります。エコと関係ないことではなさそうです。

あなたのお宅も再チェックしてみてくださいね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。