ガイド自身はネズミという種類の生き物はかわいいと思うのですが、さすがに家の中に入ってきたら恐怖です!
近年、保健所に寄せられるネズミ被害の報告が非常に増えているのをご存知ですか?

以前『自然の力で!エコ家事流ゴキブリ駆除』でご紹介したように、害虫の予防は夏前が重要ですが、ウチに住み着いてもらっては困るネズミくんの対策は、秋からが重要です。

新築マンション、新築戸建だから関係ない!と思ってはいけません!ガイド宅のマンションでは新築での入居当初からネズミがマンションの敷地内で多く発見されているんです。

ガイド宅のベランダではガーデニングで作っていたエンドウマメやキュウリがかじられました。他の部屋の方は、ベランダにカブトムシの幼虫の入った飼育箱を置いていたところ、幼虫がネズミにかじられた痕跡があったそうです。

ベランダや敷地内で目撃されているうちはまだよくても、家に入ってこられては困ります。ネズミくんは外気の温度が低くなってくると暖かい室内に入ってこようとするので、秋から冬先にかけての予防と対策が必要なんですね。

殺すのは可哀想なので、今回は、身近なところからはいなくなって頂き、環境にも人体にも無害で、ほとんどお金のかからないネズミくん対策をご紹介します。

ドブネズミじゃなくてクマネズミ?

昔から野生のネズミといえばドブネズミが有名ですが、現在、都会等人口の多いところ、ビル群などで繁殖しているのが「クマネズミ」です。

雑食で、ゴキブリなどの昆虫も食べるくらいの生命力があるので、ゴキ嫌いとしてはありがたいと思う反面、サルモネラ菌などの病原菌も持っているので、ゴキブリ同様近くに来て欲しくない生き物です。人の食べるものなら何でも食べるので、人の近くに居たいようです。

ドブネズミやハツカネズミは、毒の餌などの罠に引っかかりますが、クマネズミは頭が非常によく、毒の餌や、トラップに引っかかることはほとんどありません。少数のネズミが罠に引っかかっても大多数のネズミはそれを見て、危険だということを学習し、罠に引っかからなくなります。さらに、毒餌への耐性をつけたスーパーラットに着々と進化しています。しかもその耐性は遺伝し、子供にも受け継がれます。

ドブネズミよりも小型で身も軽く、肉球が発達していて、コード1本の上をスイスイと渡るので、天井裏などに住み着いているのはドブネズミではなくクマネズミの可能性大です。

東南アジア産のクマネズミは寒さに弱いので、冬が近くなると巣作りのために室内へ室内へ向かってくる性質があるんです。2cm四方の穴があれば体を通り抜けさせられるので、スキを見せたら家に侵入されてしまいます!しかも垂直な場所でも登れるんですよ。


次のページで、環境にもお財布にも負担をかけない、エコなネズミくん対処法をご紹介します。