国立ひたち海浜公園に真っ赤な絨毯が出現……!?

国営ひたち海浜公園のコスモスとコキア

国営ひたち海浜公園のコスモスとコキア

秋を感じる風景の代表と言えば、コスモスが咲く花畑と紅葉でしょうか。

秋の訪れを告げる風景でもあるコスモスですが、秋まっただ中の今でもコスモスが咲く花畑を楽しめる場所があるのをご存じでしょうか?

その場所とは、茨城県にある国営ひたち海浜公園。ここでは、広大な敷地の中で色とりどりのコスモスが見頃を迎えています。またコキア(ほうき草)という草が作り出す他では見られない情熱的な赤の風景も楽しめるのです。

今回は国営ひたち海浜公園のコスモスとコキアが作り出す秋の美しい風景をご紹介しましょう。

 

280万本のコスモスが織りなす美しい風景

 
国営ひたち海浜公園のコスモス(1)

国営ひたち海浜公園・中央フラワーガーデンのコスモス畑。左側の薄い黄色の花もコスモスなんですよ(2008年10月12日撮影)

国営ひたち海浜公園Yahoo! 地図情報)は、茨城県中部のひたちなか市にある公園です。元は旧日本陸軍の水戸飛行場跡でしたが、第二次世界大戦後に接収していたアメリカ軍から返還を受け、1991年(平成3年)に国営の公園としてオープンしました。

国営ひたち海浜公園のコスモス(2)

オレンジ色の花はキバナコスモスの仲間。コスモスにこんなにもたくさんの種類があることに驚きます(2008年10月12日撮影)

ひたち海浜公園では、およそ200ヘクタールにも渡る広大な敷地の中にたくさんの種類の花が植えられており、季節に応じていろいろな花を楽しむことができます。「名所・旧跡」ガイドでも春に咲くネモフィラの花が丘一面を真っ青に染める模様をご紹介済みです。

秋のひたち海浜公園で楽しめる花の代表はコスモス。総数はなんと280万本にも及ぶとのこと。

コスモスと聞くとさだまさしさんの作詞・作曲で山口百恵さんが歌って大ヒットした『秋桜』の歌詞にもあるように薄紅色の花を連想する方が多いと思いますが、ひたち海浜公園で見かけるコスモスは実に多種多彩です。
国営ひたち海浜公園のコスモス(3)

こちらはイエローガーデンの花。色が変わると雰囲気も変わりますね(2008年10月12日撮影)

薄紅色の花をつけるコスモスだけではなく、他にキバナコスモスに代表されるオレンジ色の花や、イエローガーデンと呼ばれる薄い黄色の花を咲かせる品種など、全部で26種類もの品種が揃っているとのこと。

品種ごとに固まって植えられている場所も多いので、公園内のいろいろな場所でコスモスが広がる様々な風景を楽しむことができるようになっています。

プレジャーガーデンエリアにある大きな観覧車がアクセントになりますので、好みのアングルを探しながらゆっくりと歩いてみてください。

 

真っ赤に色づくコキアが丘を赤く染め抜く!

国営ひたち海浜公園のコキア(1)

真っ赤なコキアが染め抜いたみはらしの丘と青空。紅葉にも負けない鮮やかな赤です!(2008年10月12日撮影)

秋のひたち海浜公園でコスモスと共に楽しめるのが、コキアという草。中国原産の草で、枝がほうきの先のように細くちぢれていることから「ほうき草」という日本名がつけられています。
国営ひたち海浜公園のコキア(2)

コキア(ほうき草)をアップで。緑から赤に染まる不思議な草です(2008年10月12日撮影)

このコキアという草には、大きな特徴があります。ほうきのような緑色の枝が秋になると鮮やかな赤色に色づくのです。
国営ひたち海浜公園のコキア(3)

形もキュートなコキアが一列に並ぶとさらに可愛さが増します(2008年10月12日撮影)

ひたち海浜公園では、このコキアの特性に注目して、みはらしの丘を中心に32000本のコキアを植栽。このコキアが毎年9月中旬から10月中旬にかけて真っ赤に色づき、丘全体を赤く染め抜きます。

春はネモフィラの花で青く染まるみはらしの丘が、秋にはコキアで真っ赤に染まるさまは、まさにひたち海浜公園ならではの素晴らしい風景ですね。
国営ひたち海浜公園のコスモスとコキア

真っ赤なコキアとコスモスのコラボレーション。秋のひたち海浜公園の主役です(2008年10月12日撮影)

ひたち海浜公園では、コキアが赤く色づくのに合わせて「コキアカーニバル」というイベントを開催していますので、ぜひこの機会にコキアの紅葉の素晴らしさを実感してみてください。

コスモスとコキアが彩る国営ひたち海浜公園の秋をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。上野東京ラインの開通により、首都圏各地からもより気軽にアクセスすることが可能となった国営ひたち海浜公園で、コスモスとコキアが彩る秋の風景を楽しんでみてください。

国営ひたち海浜公園へのアプローチ

国営ひたち海浜公園の翼のゲート(西口)

国営ひたち海浜公園の翼のゲート(西口)

地図:Yahoo! 地図情報
アクセス:
<鉄道>
JR東日本 常磐線 勝田駅下車。茨城交通バス 海浜公園行きに乗車し、海浜公園西口または海浜公園南口下車。
勝田駅からは、ひたちなか海浜鉄道 湊線を利用して、阿字ヶ浦駅からスマイルあおぞらバス 那珂湊コース(コミュニティバス)か、コキアカーニバル開催中の土日祝日だけ運行するコキアシャトルバス(無料バス)で行くこともできます。

<高速バス>
東京駅から勝田、東海方面を結ぶ高速バス(茨城交通バス運行)のうち1往復が、3月16日から11月30日までの期間限定で海浜公園西口バス停に停車します。

<車>
常磐自動車道 友部ジャンクションから北関東自動車道を大洗方面へ。水戸南インターチェンジから東水戸道路、常陸那珂有料道路を経て、ひたち海浜公園インターチェンジより約1km。
公園の周囲に西駐車場、南駐車場、海浜口駐車場があり、混雑時には臨時駐車場も開設されます。


 
【関連記事】 【関連サイト】
「秋の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで秋に楽しめる名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
「関東の名所」に、「名所・旧跡」ガイドで関東地方の名所・旧跡を紹介した記事の一覧をまとめてあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。