白アスパラガスは日本ではあまり馴染みがありませんが、ドイツではアスパラと言えば白アスパラ、というくらいグリーンアスパラより親しまれている野菜。ドイツ語でSpargel(シュパーゲル)というこの期間限定の味覚は、ドイツ人にとって春の訪れを実感できる特別な存在です。ゴールデンウィークのドイツ旅行では、シーズン真っ盛りのシュパーゲルがたっぷり楽しめますよ!

シュパーゲル(ホワイトアスパラ)はドイツ人にとって特別な野菜?

シュパーゲル
春の市場はシュパーゲルでいっぱい!
シュパーゲルを楽しめる期間は短く、4月中旬から市場やスーパーマーケットに出始め、6月24日をもって出荷時期は終わりとされています。毎年最初のシュパーゲルを目にすると「ああ、春が来たんだなぁ」と、何ともウキウキした気分になります。冬が長いドイツに住む人々にとって、春の訪れは本当にうれしいもの。そんな特別な季節に登場するシュパーゲルだから、ドイツ人にとって、とっておきの存在となっているのです。「春ですよ~!」と人々に呼びかけてくれる、シュパーゲルはそんな野菜です。

シュパーゲル(ホワイトアスパラ)は高価な野菜?

ものにより値段の幅がかなりありますが、シュパーゲルは全般的に高価な野菜です。安いものは1Kg3ユーロくらいから、高いものは10ユーロ以上するものもあります。平均的な値段は7~8ユーロ(1,000円前後)くらい。ギリシャ産やスペイン産のものは安めなのですが、ドイツ人は高くてもドイツ産のものにこだわります。ドイツで売られるシュパーゲルの70%以上がドイツ産で、人々はおいしいシュパーゲルには惜しみなくお金を出すのです。春の市場ではシュパーゲルを買い求める人々の姿が多く見られ、街中でもシュパーゲルの販売をメインとした小さなスタンドがあちこちに出ます。

オランデーズソースをかけたり、スープにしたり…
レストランではシュパゲール料理が満載!

シュパーゲル料理
茹でたてのシュパーゲルに溶かしバターをかけていただきます。
この時期は、どこのレストランでもシュパーゲルの特別メニューが用意されています。最もオーソドックスなのは、茹でたシュパーゲルに溶かしバターまたはSauce Hollandaiseオランデーズソース=卵黄とバターで作られたトロトロしたソース)をかけ、ジャガイモとハム(または生ハム)が添えられたもの。これはシュパーゲルをメインで食べる料理ですが、お肉の付け合わせとして出てくることもあります。新鮮な茹でたてのシュパーゲルはとろけるように柔らかく、口の中で優しい甘みが広がります。

シュパーゲルクリームスープ
インスタントのシュパーゲルクリームスープはおみやげにもおすすめ
その他、シュパーゲルクリームスープ(Spargelcreme Suppe)も定番。スープはインスタントのものもあり、毎年この時期になるとテレビでもさかんにCMが流れます。そんなCMを目にするときも「春が来たんだ!」と思う瞬間です。

シュパーゲル料理は少し高めですが、日本ではなかなか味わえないとてもドイツらしい食材なので、この時期にドイツ旅行をされる方はぜひ試してみてくださいね!

【関連記事】


【関連リンク】



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。