クリスマスディナーの夜、テーブルや玄関にキャンドルを灯すと、ぐっと雰囲気が盛り上がりますね。今回は、クリスマスの準備に忙しい前日でも、30分程度で簡単にできてしまうキャンドルホルダーのつくり方を紹介します。
キャンドルホルダー
玄関を暖かく演出する、クリスマスのキャンドル。

コンパクトな花器に、松ぼっくりや姫リンゴなどの実ものを使うため、花の種類が少ないので、アレンジに手間取ることなく簡単に作ることができます。また、花が少なくて済むということは、予算も少なくて済むという、一石二鳥の、キャンドルホルダーなのです。

では、早速、作り方を紹介しましょう。

簡単キャンドルホルダーの作り方

材料
材料
  • 花器(10cm×10cm×10cmの立方体)写真のように黒い花器があればベスト。でも、ココット型など、ご自宅にあるものでも応用できます。
  • 吸水性フォーム
  • キャンドル
花材
  • 松ぼっくり
  • 姫リンゴ
  • バラ(色は赤がベスト。スプレー咲きなどの、小ぶりな花のほうが使いやすい。)
  • グリーン(今回使用しているのは、ウーリーブッシュ。)
  • その他の小さな花(今回使用しているのは、黒花のナデシコ。)


キャンドルを立てる
1.吸水性フォームをセットした花器の中央に、キャンドルを立てます。

給水性フォームの使い方はこちら。吸水性フォームを使いこなす

今回は、左右対称にセットで作るので、左右、同じ高さになるよう、揃えます。

松ぼっくりと姫リンゴを配置する
2.あらかじめワイヤーを絡ませておいた、松ぼっくりと姫リンゴをバランスよく配置します。

ウーリーブッシュを挿す
3.ウーリーブッシュを、ごくごく短く切って、オアシスを隠すように、中心に向かって適度に挿していきます。この後、バラなどの花を入れるので、適当に隙間がある状態で構いません。

完成!
4.一番きれいなバラを、正面に1輪挿したら、あとは、バランスを見ながら残りのバラやナデシコを挿し、最後に、隙間を埋めるようにウーリーブッシュをこんもりと挿して、完成です。


このような花器がなくても大丈夫!ご自宅にある器で作ることもできます。