お刺身や天ぷら、頂く順序って……?
身近なはずの和食ですが、「このマナーって正解……?」
と思いながら何年も経ってしまっていることはありませんか?

そこで今回は、「意外と知らない和食マナー」と、ガイドが考える「和食店でのNG トップ5」をご紹介して参ります。

和食の疑問、解決しましょう


■お刺身を美しく頂く
・わさび ⇒ お醤油に溶かすのではなく、風味を生かすよう、お刺身の上に少量のせて頂きましょう。
・大葉 ⇒ ご一緒に頂きましょう。
・ツマ ⇒ もちろんこちらも! 大葉に包むと食べやすいですね。
・順序 ⇒ 白身・貝類・マグロ…… と、味の淡白なものから頂きます。

■煮物
・里芋など、すべって取りにくいものをお箸で刺してはいませんか?! 刺し箸も、やってはいけないお箸の使い方のひとつです。
・大皿に盛られたものは、手に持って頂きません。一旦、小皿などに移しましょう。

■天ぷら
盛り合わせられた天ぷら、
「何から頂こうかしら…… 」
と迷うところではありますが、実はお刺身と同様に頂く順番があります。器の手前側には味の淡白なもの、奥側に味の濃いもの、と盛られていますので、淡白なものから頂くようにします。この頂き方ですと、きれいに盛られた天ぷらが崩れにくいのですよ。

■椀物
蓋付きのお椀で開けにくいこと、ありますね。そんな時は、お椀の縁を軽く握るように押してみましょう。意外と簡単に蓋が浮いて取りやすくなります。

尚、右手で開けた蓋は、逆さにして右側に置きます。

次のページは、和食店でのNG トップ5