日光黒子(にっこうこくし)とは

日光黒子(にっこうこくし)は別名「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」とも呼ばれます。比較的大きな褐色の色素斑で中年以降の女性に最も多く見られます。
日光黒子(にっこうこくし)は別名「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」とも呼ばれます。比較的大きな褐色の色素斑で中年以降の女性に最も多く見られます。
日光黒子(にっこうこくし)は別名「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」とも呼ばれます。比較的大きな褐色の色素斑で中年以降の女性に最も多く見られます。

日光黒子(にっこうこくし)の原因

日光黒子(にっこうこくし)の発生の原因は紫外線の影響や皮膚の老化です。

日光黒子(にっこうこくし)の治療法

日光黒子(にっこうこくし)の治療法で最も効果的なのはニューレチノイン酸とニューハイドロキノンの塗布です。個人差はありますが、効果の現れる目安は早くて3~4ヶ月です。ニューレチノイン酸とニューハイドロキノンの塗布の詳細については「肝斑(かんぱん)の治療法」を参照下さい。

Qスイッチルビーレーザーはメラニンに反応し、短時間で肌の奥深くまで光が届きます。
Qスイッチルビーレーザーはメラニンに反応し、短時間で肌の奥深くまで光が届きます。
これで効果がない場合はQスイッチルビーレーザー、フォトフェイシャル(IPL)を使用します。Qスイッチルビーレーザーはメラニンに反応し、短時間で肌の奥深くまで光が届きます。照射後はかさぶたになるので、色素沈着を防ぐケアが大切になります。フォトフェイシャル(IPL)の詳細については「雀卵斑(じゃくらんはん)の治療法」を参照下さい。Qスイッチルビーレーザーは「シミ」のみに照射、フォトフェイシャル(IPL)は全顔に照射します。個人差はありますが、効果の現れる目安はQスイッチルビーレーザーは1回目前後、フォトフェイシャル(IPL)は5回目前後です。

上記に併用すると効果的なのが美白点滴、ビタミン導入、プラセンタ導入です。各治療の詳細については「肝斑(かんぱん)の治療法」を参照下さい。


いかがでしたか?一言で「シミ」といってもこんなにも沢山の種類があるのです。種類によって原因、治療法も様々なので、気になるシミを見つけたら素人判断せずに専門家に判断をしてもらうといいでしょう。

次回は脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)、日光角化症(にっこうかくかしょう)、花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)、炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)についてご紹介します。

最初にもご案内させていただきましたが、治療法で上げているものは松倉クリニックにある施術内容を中心に取り上げています。その他のクリニックでも対応可能なものがほとんどですので、松倉クリニックに足を運べない方もお近くのクリニックで相談でしてみて下さいね。


【ガイド記事人気ランキング】
第1位 ほうれい線はあなたの顔を5歳老けさせる
第2位 脱シワ顔! ミネラルファンデの魔術
第3位 手作りハーブパック&ゴマージュで美白肌


次回の記事は2008年12月9日UPです。ご期待ください!
誕生日を迎えるたびにあなたが輝くための、化粧品、サプリメント、サロン等の情報をお届けするガイドメルマガはコチラから登録できます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。