「肝斑(かんぱん)」。CMで耳にしたという方も多いと思います。自分には関係ないと思っていませんか?シミに悩む女性の3割が肝斑(かんぱん)予備軍だったというデータもあるそうです。あなたのシミが肝斑(かんぱん)かどうか、確認してみましょう。

【もくじ】
1ページ:肝斑(かんぱん)とは?
2ページ:肝斑(かんぱん)発症の原因
3ページ:肝斑(かんぱん)の治療法


肝斑(かんぱん)とは?

肝斑は、額やほほ骨を縁取るように左右対称に広がるように生じるのが特徴です。
肝斑は、額やほほ骨を縁取るように左右対称に広がるように生じるのが特徴です。
肝斑(かんぱん)とは、顔にできる淡褐色のシミです。日本人の皮膚は肝斑(かんぱん)ができやすいといわれています。特に、30~40歳以上の女性たちに多く見られます。肝斑(かんぱん)の症状は、目の周りを避け、ほほ骨を縁取るように、左右対称に広がるように生じるのが特徴です。そのため、肝斑(かんぱん)ができると、顔色全体に与える影響が大きくなります。一般的に顔色が悪い場合、その原因に疲れや睡眠不足、ターンオーバーの不調によるメラニンの滞留、腎臓や肝臓の病気などがあげられますが、血色が悪いと思っていたのは、実は両ほほに広がる肝斑だったというケースもよくあるようです。

次のページでは肝斑(かんぱん)発症の原因に触れます。