女性なら誰でも気になる肌の「シミ」。「シミ」と言っても種類も治療法も様々なのをご存知でしたか?今回は皮膚のスペシャリスト 松倉クリニックの長谷川敏男先生に「シミ」の種類と原因、治療法を教えていただきました。2回に分けてご紹介します。治療法で上げているものは松倉クリニックにある施術内容を中心に取り上げていますが、その他のクリニックでも対応可能なものがほとんどですので、松倉クリニックに足を運べない方もお近くのクリニックで相談でしてみて下さいね。

【もくじ】
1ページ:脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
2ページ:日光角化症(にっこうかくかしょう)
3ページ:花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
4ページ:炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)とは

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)は中年以降に発生し加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつとされています。
脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)は中年以降に発生し加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつとされています。
脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)は中年以降に発生し加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍で、皮膚の老化現象のひとつとされています。日光黒子(にっこうこくし)が平らなシミだとすると、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)はぷっくりしているのが特徴です。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)の原因

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)の発生の原因は日光黒子(にっこうこくし)と同様で紫外線の影響や皮膚の老化です。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)の治療法

炭酸ガスレーザーは水を含んだ組織にレーザーが吸収され、組織を蒸散することでシミを取り除いていきます。
炭酸ガスレーザーは水を含んだ組織にレーザーが吸収され、組織を蒸散することでシミを取り除いていきます。
脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)の治療法で最も効果的なのは炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーは水を含んだ組織にレーザーが吸収され、組織を蒸散することでシミを取り除いていきます。個人差はありますが、効果の現れる目安は1回目前後です。

次のページでは「日光角化症(にっこうかくかしょう)」の原因、治療法をご紹介します。