分野別に単語を覚える

単語を覚える
単語は自分で書き出してみるといいですね
そろそろ、単語も覚えていくことにしましょう。見たり聞いたりするとわかる単語でも、自分で言おうとするとなかなか出てこなかったりすることがあります。夏休み対策としては、新しい単語を覚えるというよりも、知っている単語を自分のモノにするつもりで復習しましょう。

旅行英会話で注意したいのは、旅行でしか遭遇しないような単語がとても重要になってくること。例えばaisle(飛行機の通路)、boarding pass(搭乗券)といった語は飛行機に乗るとき以外にはめったに遭遇しませんが、飛行機を利用するには、必ず知っておきたい語です。

このように、単語は場面ごとに独特の表現があったりするので、「空港」「交通」「レストラン」など、分野別に覚えることにしましょう。単語の本というとどうしても受験向け・TOEIC対策向けのものが多いようなので、前回もご紹介した『携帯版 英会話海外旅行ひとこと辞典』などから、単語にだけ印をつけて覚えていくという方法があります。重要性の高い単語としては、例えば以下のようなものでしょうか。

<飛行機>
departure(ディパーチャ/出発)
arrival(アライヴァル/到着)
luggage/baggage(ラギヂ/バギヂ/荷物)
boarding pass(ボーディンパス/搭乗券)
aisle(アイル/通路)

<交通>
taxi stand(タクシースタンド/タクシー乗り場)
intersection(インターセクシャン/交差点)
traffic light(トラフィクライト/信号)
fare(フェア/料金)
bus map(バスマプ/バスの路線図)*「地下鉄路線図」はsubway map
timetable(タイムテイブル/時刻表)

「路線図」を英語で言おうとしたとき、「way? line?」といった語が頭に浮かんできてしまって、なかなかmapという簡単な言葉に行き着かなかったりするかもしれません。現時点では無理に全部覚えようとするより、ひとまず、「なんだ、こう言えばよかったのか!」ということを再確認するようにしてください。

では次に、旅行の準備を兼ねた3)旅行先国の情報を英語で収集について見てみましょう。

>>旅行先国の情報を英語で収集<<