洗濯は始めてから完全に終わるまでの時間が一番かかる家事。洗濯物の分別や下準備、洗って干して、乾いたら取り込み、畳んで収納する。場合によってアイロンをかける。しかも、その作業すべてが時間と天候に左右されてしまいます。
家にいる人なら、家事の合間に自然と目配りすることができても、日中家を開けている人にとっては、細切れの作業が延々と続く洗濯は気持ちの上でもかなりの負担。今回は、この洗濯の手間を半分にするとっておきの方法を考えましょう。ポイントはズバリ、「洗濯動線」です!

・・・INDEX・・・■ 洗う、干す、収納する3点を最短距離に■ 即席乾燥室でいつでも洗濯OK■ 止まり木収納でスピードアップ!■ 最後の手段はリフォーム!?

洗う、干す、収納する3点を最短距離に

動線1
あなたの家の洗濯動線を見直しましょう。
日本の家屋は洗濯動線をまったく考慮しないまま、間取りが定着しています。マンションではイラストのような間取りが多く、この場合、洗濯の一連の作業をするために青線の距離を移動していることに。戸建ての場合は、これが1階と2階に分断されていることも多いのです。これは、無駄な移動距離であるだけでなく、家のあちこちに洗濯プロセスが分断されることにより、取り入れられるのを待つ洗濯物、畳まれるのを待つ洗濯物などがそれぞれの場所に滞留する原因にも。まずはこの、洗う、干す、しまう「トライアングルゾーン」を改良してみましょう。

動線2
トライアングルゾーンを最短距離に!
普通のマンションや戸建ての間取りでも、こんな工夫をすることにより、トライアングルゾーンの移動距離を最小限にすることができます。
  •  即席乾燥室を作る。
  •  止まり木収納を設置する。
  •  移動式の物干しを利用する。

    それでは次のページから、洗濯の手間を半分にする知恵をご紹介していきます。まずは、夜でも雨降りでも心配なく洗濯できる、即席乾燥室の作り方です。