赤星たみこさんと旦那さま。結婚して17年、評判のおしどり夫婦です。
"わが家の家事のかたち"のヒントをさぐる"共働きの家事スタイル・インタビュー"シリーズ。今回は、『ダメ犬ちゃん夫のしつけ37のルール』著者の赤星たみこさんと、お二人の会社で企画・マネジメントをなさっている旦那さまに、お話を伺いました。

【 INDEX 】
1.家事しない男性は楽しさを知らないんですよ、きっと
2.ダメ犬ちゃん度をチェック

『ダメ犬ちゃん夫のしつけ37のルール』

『ダメ犬ちゃん夫のしつけ37のルール』赤星たみこ著/すばる舎1,365(税込)
先日出版された『ダメ犬ちゃん夫のしつけ37のルール』は、家事をしない夫を家事できる夫に育て上げるための"how to"がびっしり詰まった本。

漫画家で、環境にやさしいエコ家事に関する著書や講演でもご活躍の赤星たみこさんが、アシスタントの方を育てるテクニックを応用して、家事に関しては「ダメダメ男」だった旦那さまを「いいご主人ねー」と言われるまでに成長させた実績をもとに、私たちに伝授してくれます。

ちなみに、夫を"ダメ犬ちゃん"とよぶのは、ペットと接するときのような純粋な愛を「心の中にたっぷりもってほしい」という願いからだそうです。


「家事しない男性は楽しさを知らないんですよ、きっと」

「家事しない夫っていうのは、家事の楽しさを知らないんだと思うよ」。こうおっしゃったのは、旦那さまのほう。家事をしなかった昔があったとは想像できないくらいです。

「洗濯機を"ドラム式全自動洗濯乾燥機"から、昔ながらの二槽式洗濯機に変えたんですよ。これが、びっくりするくらい綺麗になるんですよ!すすぎの水で次の分の洗剤洗いもできるから、水道代も節約になるし!」。週末に、二槽式洗濯機につきっきりで、お洗濯するのがとても楽しいのだそうです。


「でも、ごめん!」

「でも…ごめん」と急に、旦那さまが赤星さんに話しかけました。

「じつは、こないだお前がいなかった間に、洗剤を落とすのに、何度も何度も思いっきり、きれいな水ですすいでしまったんだ…!」。

すると著書『エコロなこころ』でも知られる赤星さん、「えー!?」と、水の無駄遣いに大ショック!?

「もうしないから!」「そうしてね」「でも1人のときにまたやるかも…」と、にぎやかなやり取りも、何だか楽しそうな雰囲気。こんな風に話せるのは、お互いのやり方の意味まで、ちゃんと理解しあっているから!

そんな素敵な旦那さまに育てるために、いったいどんな魔法をかけたのでしょう…?次ページで、伺います。>>>次ページ