資格をとるには?

「アロマ 入門セット 検定2級」 「生活の木 アロマ 入門セット 検定 2 級」 ¥ 2,100 (税込)/生活の木
アロマテラピーの資格には、生活に取り入れ役立てるための「アロマテラピー検定」、プロとして精油を扱うための登竜門「アロマテラピーアドバイザー」、そして第三者にアロマテラピーを実践するための「アロマセラピスト」、アロマテラピーの教育活動の専門家「アロマテラピーインストラクター」があり、いずれも(社)日本アロマ環境協会が認定するものです。

アロマテラピー検定1級取得後、協会へ入会、認定講習を経てアロマテラピーアドバイザーとなり、その後アロマセラピスト、アロマテラピーインストラクターへと進みます。

アロマテラピーのこれらの資格は全て独学でも可能です。けれどもマッサージなど実践が伴うアロマセラピストをめざす場合は、実習を受けたほうがわかりやすく取得後も安心だと思います。

ガイドが検定を受験した際、受験資格が認定講習と思い違いをし、検定の前に認定校で受講しました。試験対策にはなりましたが、協会が主催する所定の講座なら3分の1の費用と時間で済みました。きちんと資格の仕組みを理解し、取り組むべきだったと、つくづく反省したことを覚えています。

<試験概要>※アロマテラピー検定1級の場合
1.受験条件
制限なし。何級からでも受験可能。

2.取得期間の目安&勉強法
書店などでテキストや問題集が入手可能。1ヶ月~3ヶ月の勉強期間で十分かも。ただし年に2回の試験なので、半年に1回のチャンスをお見逃しなく。香りテストがあるので、精油は用意したほうが良い

3.取得費用の目安
受験費用は6,300円(税込)。テキストが2000円、精油(検定セットが便利)は8,000円程度でした。

4.学ぶ内容&身につける知識
アロマテラピー利用法と基材、精油のプロフィール(対象30種類)、精油が働くしくみ、健康学、法律などが問われます。

5.難易度
合格率は1・2級ともおよそ90%。出題数は1級60問、2級50問で、合格基準は各級、正答率80%です。

5.資格の有効期限
有効期限はありません。合格後いつまでに入会しなければならないという期限もなく、次のステップ(アロマテラピーアドバイザー)に進みたいと考えたときに入会手続きをする必要があります。

6.その他
試験地:全国の主要都市
試験日:年2回5月、11月

<問合せ先>
(社)日本アロマ環境協会 検定事務局
住所:〒104-0031東京都中央区京橋3-7-1 第一生命相互館8F
TEL:03-3538-0685

<申込み方法>
郵送とインターネットで申し込み可能。詳細はこちらで。