顔そりでお金をいただけるのは理容師だけ

ルアナ大桃店長
理容師ならではの技術
ガイド:美容師と理容師の決定的な違いとは何でしょう?

大桃店長:理容師は顔そりができることです。

ガイド:理容師というと、男性のひげ剃りのイメージが強くありますが、女性の場合はどのように行うのでしょう?

大桃店長:女性の場合は、産毛そりです。産毛を取り除くことで、肌の色が明るくなり、皮膚の代謝リズムを整えます。

ルアナでは、産毛そり、角質除去、リンパドレナージュ、トリートメントマッサージを融合した、シェービング・スパというオリジナルのメニューを行っています。

ガイド:こちらのサロンでは、理容師の特権をいかしたサービスを行っているのでね。特に人気のあるサービスはありますか?

大桃店長:特に結婚式を控えた女性のためのブライダル・シェービングは人気です。背中が広くあいたドレススタイルを選択する女性も多いせいか、春、秋のブライダルシーズンは、予約も取りにくい状況になってしまいます。

またシェービング・スパの他に、ヘッド・スパも行っています。

ルアナ風景

個室はゆったりとした完全なプライベート空間
ガイド:個室も広々としていますね。

大桃店長:女性専用のサロンなので、技術はもちろんのこと、個室もパーテーションのような仕切りではなく、完全に壁で仕切り、ゆったりとリラックスして施術を受けていただいています。

プライベートな空間で、素肌を磨き、日ごろのストレスを癒していただきたいと思います。

お客様に喜んでいただくこと、それがやりがい

ガイド:この仕事にやりがいを感じるときは、どのようなときですか?

二本木さん:やはり施術をして、お客様に喜んでいただいたときです。

吉田さん:新しいことにチャレンジできること。スキルアップには終わりがありません。新しい技術やサービスを通して、お客様に提供していき、喜んでいただくことにやりがいを感じます。

大桃店長:お客様に喜んでいただくことが一番。施術後、お客様が明るい表情に変わると嬉しいですね。

ガイド:これからについて教えてください。

大桃店長:新しい業態としてルアナがスタートし、ようやく軌道にのってきたかな、と思います。これから、お客様のご意見を取り入れながら、新しいメニューなども導入していく予定です。