資格を取って次にめざすもの

画面イメージ
チーフ講師飯野耀子さんからのメッセージはこちら
例えばフード業界に携わりたいとフードコーディネーター資格を取得。次は具体的にどのようにフード業界に携わっていくのかイメージを明確にしていく必要があります。メニュー開発?それとも料理教室?フードライター?1人で考えているだけでは、なかなか前へ進めないこともあるのでは。

こうして第一線で活躍する経験豊富なプロフェッショナルから「現場の声」を生で聴けること、担当講師にあなたの企画書を添削し、1人ひとりに向けた旬のアドバイスが受けられること。このままでは終わらせたくない、と考えるのなら、必ず自分の納得できる道へ前進できることと思います。

私もキャリアカウンセラー(CDA)という資格を持ちながら、やはり同じ資格、同じ業界でキャリア豊富なキャリアカウンセラーに相談することがあります。生の声、体験談はとても参考になりますし、そこから広がる人とのつながりが気づけば仕事になっていた、ということもしばしばです。それはキャリアカウンセラー(CDA)協会のブラッシュアップ講座や勉強会や支部会を通して。そのような場がなかったら、この資格の活かし方がわからなかったかもしれません。

食の資格にも様々な団体がありますが、フード業界を横断的に学ぶことができ、さらに担当講師によるナビゲートまで、という新しい取り組みを楽しみにしたいと思います。



あなたにピッタリの資格は?
30秒でわかる!適性からみつける資格診断

●資格をめざす女性におくる、ガイドのおすすめ書籍はこちら

●ガイドメルマガでお届けします!【無料】
資格試験・ガイド記事の最新情報を月2回お届けしています!
⇒ガイドメルマガの登録、バックナンバーはこちら
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。