普段何気なく使っているパソコン。そして今や欠かせないインターネット。けれど、ウィルス感染や不正アクセス、パソコントラブル、また電子メールやファイルのやり取りなどの基本的なマナーなどに不安はありませんか?

そもそもパソコンって?インターネットの仕組みは?基本中の基本をしっかり学び、そんな不安を取り除いてくれるパソコンとインターネットの世界共通の資格試験、IC3(アイシースリー:INTERNET AND COMPUTING CORE CERTIFICATION)を紹介します。

世界共通のITの基本的資格

IC3
国際資格として学生から社会人まで受験者層は幅広い
このIC3という資格は特定ベンダーの影響を受けることなく、インターネットとパソコンの基礎知識を測定する資格試験です。2002年に開始し、すでに欧米を中心に世界110か国以上で実施されています。日本では、(株)オデッセイコミュニケーションズが実施・運営を担当しています。

ビジネスシーンで役立つ知識

この資格は、ビジネスシーンでも役立つ資格として新入社員研修で資格取得を義務付けるなど企業で、また大学や専門学校でも資格取得を推進しています。

パソコンの仕組みを学ぶことで適切にメンテナンスをして性能低下を防いだり、トラブル解決をスムーズに行えます。資料作成やプレゼンテーションの際には見栄えや正確性はもちろん、文書の共有化などによる効率的な作業の進め方ができるようになります。さらにインターネットの仕組みを知ることでウィルス感染や不正サクセスを防ぎ安全に利用することができるようになります。

>>IC3資格を取得するには?>>