アロマテラピー
アロマテラピー検定の申込がスタート。
今まで体に不調があれば、病院へ行き治療してもらうのが当たり前でした。けれども、近年、体に異常をきたしているにも関わらず、原因がわからないために病名がつかず治療もできないと悩む人も少なくありません。そうしたときに「自分自身でそうした不調の原因を探り、自分の責任で健康を守る」という積極的に自分で自分の体に関わっていくという考え方が広まりつつあります。そのための方法の1つにアロマテラピーがあります。

アロマテラピーという言葉は、今では社会的な認知度も高まり、既にご存知の方も多いのではないかと思います。そもそもアロマテラピーという言葉は「アロマ(芳香)」+「テラピー/セラピー(療法)」という造語です。香りの成分自体が持っている力を利用し、体と心のバランスをとることで人間本来の美しさを取り戻すための自然療法です。

植物には様々な香りがあり、それぞれ特有の作用があります。植物から、その香りの有効成分のみを抽出して作ったものが精油(エッセンシャルオイル)であり、これを利用した植物療法です。漢方やハーブとの違いは、この精油を利用するところにあります。

この香りの効果は、その人の知識だとか記憶といった主観的なものによるものではなく、成分自体に薬理作用があることが判明しています。その薬理作用は植物によって、また同じ植物でも抽出部位によって異なり、症状に応じて精油を使い分けます。その精油の利用方法にも芳香浴、ボディトリートメント、沐浴、マッサージと様々な方法があります。

アロマテラピーとはこの香りの薬理作用で体と心のバランスを整える、つまり不調を体の一部分だけで捉えるのではなく心も含めて全体的に捉えるホリスティックな自然療法なのです。

このようにアロマテラピーを生活に取り入れることでをリラクセーションやストレスケア、そして美容や健康維持、疲労回復に役立てることができます。

アロマテラピーについて、もっと知りたい!と思ったら検定にチャレンジ次ページ