司法書士
例えば、家を購入するとき、相続するときなど、その権利を法的に証明してくれるのが司法書士。

絶対に資格が必要な仕事
~1.司法書士~

必ず資格がなければ、できない仕事があります。このような資格は、取得するために、かなりのパワーが必要です。それゆえに、資格を取得すれば、その人でなければできない仕事も多く、やりがい、収入面という点でより確実なメリットがあります。

このような資格には、弁護士、公認会計士、看護師、薬剤師、歯科衛生士、理学療法士、栄養士、美容師、建築士などがありますが、特定の学歴や、かなり難度の高い資格もあり、これからめざすには、なかなか一歩踏み出せないのが現状です。

しかしながら、受験資格がなく、比較的学習期間が少ない資格もあります。おすすめは、司法書士、行政書士、社会保険労務士資格です。いずれも法律資格でかたいイメージがありますが、これからの社会において、企業でも一般社会でも法律的センスというのは非常に重要になってきますから、その地位は高まり、イメージ的にもより身近なものになっていく資格だと思います。

今回は、なかでも最もオススメの「司法書士」資格について次のようにご紹介します。
<INDEX>
司法書士とは?毎年受験生増加、の人気資格。
 ~司法試験とは違うの?
どんな試験が行われる?
 ~法学部出身でなくとも受験できる?合格できる?
合格後、開業するまで
 ~未経験で実務を経験し、開業するまで。
女性にとって、この資格の魅力とは?
 ~自宅で開業&立地を問わない魅力