シンプルライフは、物欲を否定しません。むしろ、徹底的に物欲と向き合うことをおすすめします。そのやり方の一つが「欲しいものノート」をつけること。書いただけで、買った気になる不思議なノート!? です。

物欲はなくならない。なくならないなら向き合おう!

シンプルライフは欲張りライフ

前回の記事「物欲を否定しないお買い物術」には、読者様の共感のメールをいただきました。

そう! 「シンプルライフ」だからといって、何も持たない、何も買わないわけじゃありません。むしろ、シンプルライフは欲張りなライフスタイルです。だって、「持つなら大好きなモノだけを、買うなら手の届く中でいちばんいいモノを」というのが、シンプルライフなんですから。

今回は、前回とは異なり、ネットを使わずに自分の物欲を整理し、欲しいもの「だけを」手に入れるやり方をご紹介します。

「欲しいものノート」の作り方

1.ノートを用意する
まず、1冊のノートを用意してください。
ノートじゃなくても、家計簿の空欄でも、手帳の空いているところでも結構です。ただ、けっこう書き込むので、空欄はたくさんあった方がいいです。

こんな感じで書き込む。結構楽しいよ!
2.欲しいものを書き出す
ノートに、現在自分が欲しいと思っているモノを、ぜーんぶ書き出してください。書くだけですから、どんなに高価なモノでも、何百個書いてもいいんです。「ダイヤのピアス」と、「洗濯ばさみ」や「帽子」が一緒くたになってもいいんですよ。

3.欲しいモノの特徴、値段を書き出す
その「欲しいモノ」について、できるだけくわしく説明していきます。わかれば値段も書き入れます。

「ダイヤのピアス、ペアで1カラット以上、○○宝石店のカタログ○ページ掲載、9万8000円」「洗濯ばさみ、2ダース、××雑貨店で売っているステンレスのもの、1ダース700円」とかね。

このとき、具体的に商品が探せていない場合は、
「帽子、ベレー、リネン素材でベージュか茶、5000円以下」
のように、自分の理想を書き出します。

4.緊急度と手に入れやすさを判断する
それらのモノの「緊急度」と「手にいれやすさ」を、「◎、○、△」の三段階で評価します。
「ダイヤのピアス、緊急度=△、手に入れやすさ=△」
「洗濯ばさみ、緊急度=◎、手に入れやすさ=◎」
といった具合。当然、「◎、◎」のモノが優先されます。

5.「買う」以外の選択肢を検討する
ここまで書いたら、
「もしかして、”買う”以外の選択肢はないか?」
可能性を考えてみます。なければスルー。
「帽子  ← 自分で作ってみる?」
「旅行用バッグ ← 姉のを借りればいいか?」

6.買う期日を書き入れる
最後に、すべてのモノに、手に入れる期日のめやすを書き入れます。
「水曜日、都心に出たとき」
「今年中に」
「30歳になるまでに」
手にいれたモノには、線を引いて消していきましょう。