綺麗な家・片付いた家の共通点

綺麗な家・片付いた家の共通点
 

いつも美しく片付いている家にするための大原則は、「すべてのモノに定位置を与え、使ったら必ず元に戻す」。これに決まっています。でも、それができないから、みんな困っているのですよね。

「正論」ほど、実践することは難しいもの。そこで今回は「コレさえ守れば、とりあえずキレイに片付いて見える」をテーマに、たった3つの法則をまとめてみました。

<目次>  

「綺麗の法則」は、たったの3つ!

ガイドは今まで、何軒もの、キレイに片付いているお宅を拝見してきました。その経験を通して、「美しい家」にはいくつかの共通点があることを実感しています。

その中でも最大のポイントは、以下の3点です。
   

綺麗な家の法則1:リビングの床の上、テーブルにモノを置いていない

片付いている家で、床にモノが「じか置き」されているお宅はありません。

紙袋やレジ袋、服やバッグを床にじか置きしているお宅は、それを床以外の場所に移動させましょう。
 
綺麗な家の片付け
広々としたテーブルは美しい部屋の条件
 
また、食卓やリビングテーブルなどにも、余計なモノは置いてありません。

調味料や食品、新聞、チラシが出しっぱなしなら、それを台所や新聞紙入れ(なければ設置)に移動させましょう。

この2点を守るだけでも、「片付いた家」に見せることは大いに可能なんです。ちなみに、映画やドラマで「散らかった家」を演出するためには、床にモノを散乱させるそうですよ。
 

綺麗な家の法則2:床と壁がたくさん見える

美しく片付いている家は、「床」と「壁」がたくさん見えます。広々と見せるためには「平面」の存在が欠かせません。

家具の点数が多くても、床や壁になじむ色を選んだり、床の見える脚付きの家具にする。ラグで床面積を切り取るより、敷き詰めカーペットにする。カーテンの色を壁と同系色にする、などの工夫で、床・壁(平面部分)をより広く見せることができます。
 
広くない部屋では、床と壁が隠れないように
 

綺麗な家の法則3:目に入る情報量が少ない

片付けているつもりなのに、なんだかゴチャゴチャして見えるのは、目に入ってくる情報量が多いためです。

もしモノがたくさんあっても、それがすべて無地の同色であれば、あまり気にならないでしょう。色・柄・文字・ロゴマークがついているものを、極力隠すようにしてみましょう。見出しの派手な雑誌はマガジンラックに、食べかけのお菓子は戸棚にしまいます。
 
色・柄・ロゴが少ないと、疲れない空間に

とはいえ、シャンプーやティッシュなど、どうしても出しておかなければいけないものもあります。そういうモノは、おしゃれなディスペンサーやケースに移し替えることをおすすめします。空間が一挙に美しくなりますよ!

いかがですか? ご自分のお部屋は、この3点をクリアしていますか?

すぐにはムリでも、この3つを意識して生活することで、だんだんお部屋が片付いてきます。

おすすめは「3」の「素敵なディスペンサー、ケースを買ってくる」から始めること。なぜなら、「買う」方が「捨てる」よりもはるかに簡単だからです。

さあ、今日からやってみましょう!

【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。