いつも美しく片付いている家にするための大原則は、「すべてのモノに定位置を与え、使ったら必ず元に戻す」。これに決まってます。でも、それができないから、みんな困っているのですよね。

「正論」ほど、実践することは難しいもの。そこで今回は「コレさえ守れば、とりあえずキレイに片付いて見える」をテーマに、たった3つの法則をまとめてみました。

「キレイの法則」は、たったの3つ!

ガイドは今まで、何軒もの、キレイに片付いているお宅を拝見してきました。その経験を通して、「美しい家」にはいくつかの共通点があることを実感しています。

その中でも最大のポイントは、以下の3点です。

その1 床の上、テーブルにモノが置いていない

片付いている家で、床にモノが「じか置き」されているお宅はありません。

紙袋やレジ袋、服やバッグを床にじか置きしているお宅は、それを床以外の場所に移動させましょう。

広々としたテーブルは美しい部屋の条件


また、食卓やリビングテーブルなどにも、余計なモノは置いてありません。

調味料や食品、新聞、チラシが出しっぱなしなら、それを台所や新聞紙入れ(なければ設置)に移動させましょう。

この2点を守るだけでも、「片付いた家」に見せることは大いに可能なんです。ちなみに、映画やドラマで「散らかった家」を演出するためには、床にモノを散乱させるそうですよ。

参考:食卓にモノを置かないだけで