白金に佇む一戸建てのエステサロン「シエナ」

シエナ外観
東京は白金に佇む一戸建ての癒しのエステサロン「シエナ」。
エステに通ったりマッサージを受けたりはしているものの、なんとなく心の底からはスッキリしなかったり、キレイになっている実感が薄かったり……なんて経験はありませんか。今回は、そんな「ウズウズ」感を解消できるエステサロンを紹介します。

東京は白金に佇む「シエナ」は、南北線の白金台駅から徒歩2分というセレブな立地の一戸建てのエステサロン。広々とした落ち着く空間に加え、心からゆったりとした時間を過ごしてもらいたいというオーナー夫婦の考えから1日の時間帯を3枠に限定し、1日あたり最大9名までしか受け付けていないという癒しの空間です。

安さ・早さではなく、ゆったりとした時間と空間が心を満たしてくれるのです。このように環境はもちろんすばらしいのですが、シエナの魅力はそれだけではありません。

シエナ内観
扉を開けたとたん、心地よい音楽とセンスの良いインテリアで構成された落ち着く空間に出会える。

こちらのエステサロンの最大の魅力、それは心と体のつながりを強く意識されているということです。オリジナルのボディエステに加えて、心理学に根付いたカウンセリングによるメンタルエステ。体と心の両面からしっかりと「コリ」をほぐしてくれる癒しのサロンです。

本来の「エステ」が持つ意味は?

そもそもヨーロッパではエステとは「ボディ、メンタル、ヘルス」の3つの視点から総合的に人を向上させ美しくしていくものとして発展してきました。

本来、外面の美しさだけではく、内面、そして健康をも含めてが「エステ」の範疇だったのです。しかし今の日本では、アロマオイルでの施術やフェイシャル、ともすれば痩身などに限定されてエステが語られることが少なくありません。

「メンタル」が軽視された結果、私たち女性の心の中に生まれているのが「痩せなくては」「続けなくては」「維持しなくては」という美に対する強迫観念のようなものではないでしょうか。

<記事index>
白金に佇む一戸建てのエステサロン「シエナ」……P.1
体と心のつながりを意識したオリジナルのエステ……P.2
キレイな人、ふつうの人、その違い……P.3

次のページから、体と心のつながりを意識したオリジナルのボディエステ、その魅力に迫ります。