小股で軽やかな足さばき、襟足に色気を感じるアップの髪。
夏を涼やかに彩る浴衣姿は、着る者の気持ちをしゃっきりさせ、見た目にも涼やか。
夏に癒しの涼風を吹き込む和の心を感じさせる装いです。

浴衣が似合う場所といえば、花火大会、夕涼みなどですが、
おすすめしたいのが旅先での浴衣姿
鄙びた温泉街や京都などの古都。それに東京下町。
パリッと涼しげな浴衣姿で散策する。見た目にも涼しく、夏の癒しの旅にぴったりです。
とはいえ、旅先に自前の浴衣を持っていくのは大変。

近年は浴衣を貸し出してくれる宿が増えていますが、今回はその上をゆく浴衣プレゼント!!の宿をご紹介!
手ぶらで行って、着付けてもらって、帰りは浴衣を持ち帰れる!
こんなお得なプランが、夏だからこそあるんです。



【浴衣とは】
浴衣は本来は、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせるための「湯帷子」(ゆかたびら)がルーツ。江戸時代頃からは、湯上がりや夕涼みに着る庶民の愛好するものになっていきました。本来は外出着ではありませんが、最近ではファッション性も高く、若い女性を中心に、夏の定番アイテムになっています。

お得な浴衣プレゼントの宿は次ページから!!
2ページ 東京・伊豆方面の宿
3ページ 京都、長崎、福島の温泉の宿