大切な人と一緒に豊かな自然に包まれ、しっとりとしたひとときを過ごしたい。
できれば海や清流に近く、和の佇まいの宿で癒しの時間を愉しみたい。
そして、いつもと違う場所、少し遠くへ行きたい。

旅するにあたって、そんなことを考えている方も多いのでは。

今回ご紹介するのは、土佐の小京都と呼ばれる高知県中村市
あの、最後の清流とい詠われる四万十川のほとりに立つ宿です。



宿の名は【四万十の宿】


リゾートタイプのエコロジーホテルです。
エコロジーホテルとは、その宿建物にリサイクル材を使用したり、ゴミの分別の徹底、そのリサイクル、堆肥化。電気・水道などの省エネ・省資源化に取り組んだり、といろいろな角度から地球環境の改善に努める宿のこと。


四万十の宿は低層のモダンな宿。
しかし、内部は古い民家から解体された梁や建具が、様々な姿に再生されています。
また、余った梁でテーブルの脚を作ったり、百年以上も前の書院建具を、テーブル台へと変身させたり。
古いものを生かした温もりある客室がなんともいえません。



大切な人と過ごすのにうれしい「露天風呂付客室(写真のお風呂は露天風呂付客室のもの)」のほか、モダンでありながら、木の温もりに憩える畳敷きの和風ロフトタイプ、落ち着いた雰囲気の洋室タイプなど、部屋のタイプもいろいろ。
自分らしい休日を過ごせるはずです。







 
(左/露天風呂付客室  右/ロフトタイプ和室)



もちろん、お風呂は温泉。
そのほか、薬湯風呂や海水風呂などもあり、日頃の疲れを癒してくれるでしょう。






次ページでは、こだわりの食事や、四万十川に浮かぶ屋形船でのディナーなど、四万十の宿の愉しみ方をご紹介します。